TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー

         ◆ TBCSメールマガジン 2015.2.24

このメールマガジンは、当社の研修・セミナーにご参加いただいた皆さまへお送りし
ております。配信停止は本メールの後方をご覧ください。

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ▼△ もくじ △▼
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
----------------------------------------------------------------------------
[1].セミナーのご案内
----------------------------------------------------------------------------
[2].QMS/EMSの2015年改正情報(22)
  <テーマ:ISO/DIS 14001:2014 6.1 脅威及び機会に関するリスクへの取組み>
----------------------------------------------------------------------------
[3].2015年 2~3月開催の研修スケジュール

 ★ISO/IEC27001内部監査員養成研修を追加開催! 東京会場 3月25-26日
 
----------------------------------------------------------------------------
[4].当社コンサルタントによるISO解説(29)

    <テーマ:ISO9001とISO/FSSC22000(6)>

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇ 1.セミナーのご案内 ◆◇

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

TBCソリューションズでは、皆さまにお役立ていただけるよう、ISO内部監査員
養成研修以外に、以下のような各種セミナーを開催いたします。

詳細は、ホームページをご覧ください。

皆さまのご参加、講師・事務局一同、心よりお待ちしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★新着セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<ものづくり・商業・サービス補助金 採択される申請書の書き方セミナー> 
 http://jump.cx/uAjzp

【東京会場】 2015年2月27日(金)13:30~16:30


<新入社員実務基礎セミナー>
 http://jump.cx/iLqRm

【東京会場】 2015年4月20日(月)10:00~17:00



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★経営セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<マネージャーの結束を図る「経営チーム」のつくり方>
 http://jump.cx/2CLQG

【東京会場】 2015年 3月12日(木)13:30~16:30
【大阪会場】 2015年 3月 4日(水)13:30~16:30



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★WEBを活用した販促強化セミナー
 売上増に貢献する営業チャネルとしてWEBサイトを活用できてますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<Googleアナリティクスセミナー 入門~脱初心者!!>
 http://jump.cx/M71HW

【東京会場】 2月27日(金)15:00~20:30
       3月 2日(月)15:00~20:30
       3月16日(月)15:00~20:30

 主催:(株)ウィンズ(TBCソリューションズ関連会社)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★食品安全マネジメントシステム関連のセミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<ISO22000食品安全マネジメントシステム【規格解説】セミナー> 
 http://jump.cx/6vgn0

【東京会場】 2015年 3月30日(月)9:30~12:30


<FSSC22000食品安全マネジメントシステム【規格解説】セミナー>
 http://jump.cx/YN1X4

【東京会場】 2015年 3月30日(月)13:30~16:30


<初心者のための、ISO/FSSC22000【入門】セミナー>
 http://jump.cx/U1KFI

【東京会場】 2015年 3月13日(金)9:30~12:30


<FSMS運用中の組織のための、ISO/FSSC22000【活用】セミナー>
 http://jump.cx/yRG3B

【東京会場】 2015年 3月13日(金)13:30~16:30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★情報セキュリティマネジメントシステム関連のセミナー
 http://jump.cx/IKgaa
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<ISO 27001:2013移行“実務”セミナー>

【東京会場】 2015年 3月17日(火) 13:30~17:30
【大阪会場】 2015年 3月18日(水) 13:30~17:30


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃内部監査員養成研修、その他セミナーなど、詳しくはHPにてご確認ください
┃★┃http://jump.cx/V8yGj
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇ 2.QMS/EMSの2015年改正情報(21) ◆◇

 <テーマ:ISO/DIS 9001:2014 6.2 環境目的及びそれを達成するための計画策定

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

前回(2月12日)のメルマガでは、ISO/DIS 14001:2014「6.1脅威及び機会に関連する
リスクへの取組みを解説をしました。

今回は、「6.2環境目的及びそれを達成するための計画策定」を説明します。
 
6.2は、次の条項により構成されています。

6.2.1 環境目的
6.2.2 環境目的を達成するための取組みの計画策定


□6.2 環境目的

現行は「環境目的(objectives)」「環境目標(target)」の2段構えでしたが、2015年版
では「環境目的(objectives)」に一本化されます。

ISO/DIS 14001:2014の用語及び定義によると、目的の定義は、「達成する結果」です。
環境目的の定義は、「組織が設定する環境方針と整合のとれた目的」です。

2015年版改定のポイントの一つに、『戦略的環境管理』があります。
したがって、戦略的にどのような環境上の成果を達成したいのかを明確にすることが求め
られています。

なお、付属書A.6.2には、「環境目的は(中略)戦略的、戦術的又は運用的レベルで確立され
得る」とあり、また、「旧規格で用いられていた“目標”という概念は“環境目的”の定義の
中に含まれている」と記載されています。

環境活動及び環境活動による成果は、中長期的な取組みが必要です。例えば、ゼロエミッショ
ンを目指した場合、一年で達成することは現実的ではありません。

これまでは、環境目的は3年程度先の到達点、環境目標は1年以内に達成すること、という解釈
が多く採用されてきました。2015年版では、組織の環境戦略そのものにフォーカスされた目標
設定が期待されます。

実務上は、環境戦略における当該年度の経過目標として、「環境目標」を設定すればよいです。


□6.3 環境目的を達成するための取組みの計画策定

現行の「実施計画」とほぼ同じですが、次の項目が追加されています。

‐測定可能な環境目的の達成に向けた進捗を監視するための指標
‐事業プロセスにどのように統合するかについて検討

環境目的をKGI(重要目標達成指標)とするならば、関連する業務でKPI(重要業績評価指標)
を設定するという考えが分かりやすいかも知れません。

環境指標の設定に関する手引きISO14031「環境パフォーマンス指標のガイドライン」によると、
環境パフォーマンス指標(EPI)は、マネジメントパフォーマンス指標(MPI)と操業パフォー
マンス指標(OPI)により構成されています。

MPIの具体例として「達成された目的の数」「会社への苦情数」など、OPIの具体例とし
て「使用材料の量」「使用エネルギーの量」などがあります。

環境目的の指標設定を検討する際、ISO14031を参考にしてみてはいかがでしょうか。


次回は、「7 支援」の中で、ISO14001固有のものをピックアップし、説明いたします。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇ 3.2015年2~3月の研修スケジュール

   ★特別割引実施中★
    
   2015年1月~3月に開催する全ての研修(セミナーは除く)の受講料を10%オフ
   といたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


━━【東京会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ISO9001内部監査員養成研修 1日コース
  2月25日(水)
  3月 3日(火)
  3月19日(木)

 ■ISO9001内部監査員養成研修 2日コース
  2月25日(水)~26日(木)
  3月 3日(火)~ 4日(水)
  3月19日(木)~20日(金)

 ■ISO14001内部監査員養成研修 1日コース
  3月 5日(木)
  3月23日(月)

 ■ISO14001内部監査員養成研修 2日コース
  3月 5日(木)~ 6日(金)
  3月23日(月)~24日(火)

 ■ISO/IEC27001:2013内部監査員差分研修
  3月25日(水)

 ■ISO/IEC27001:2013内部監査員養成研修
  3月25日(水)~26日(木)


━━【横浜会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ISO9001内部監査員養成研修 1日コース
  3月 5日(木)

 ■ISO9001内部監査員養成研修 2日コース
  3月 5日(木)~ 6日(金)

 ■ISO14001内部監査員養成研修 1日コース
  3月18日(水)

 ■ISO14001内部監査員養成研修 2日コース
  3月18日(水)~19日(木)


━━【名古屋会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ISO9001内部監査員養成研修 1日コース
  3月16日(月)
 
 ■ISO9001内部監査員養成研修 2日コース
  3月16日(月)~17日(火)

 ■ISO14001内部監査員養成研修 1日コース
  3月12日(木)

 ■ISO14001内部監査員養成研修 2日コース
  3月12日(木)~13日(金)


━━【大阪会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ISO9001内部監査員養成研修 1日コース
  3月24日(火)

 ■ISO14001内部監査員養成研修 1日コース
  3月 9日(月)

 ■ISO14001内部監査員養成研修 2日コース
  3月 9日(月)~10日(火)

 ■ISO/IEC27001:2013内部監査員差分研修
  3月 3日(火)

 ■ISO/IEC27001:2013内部監査員養成研修
  3月 3日(火)~ 4日(水)


━━【福岡会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ISO9001内部監査員養成研修 1日コース
  3月 5日(木)

 ■ISO9001内部監査員養成研修 2日コース
  3月 5日(木)~ 6日(金)

 ■プライバシーマーク内部監査員養成研修
  3月19日(木)


━━【金沢会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ISO9001内部監査員養成研修 1日コース
  3月23日(月)

 ■ISO9001内部監査員養成研修 2日コース
  3月23日(月)~24日(火)


━━【岡山会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ISO9001内部監査員養成研修 1日コース
  3月 5日(木)

 ■ISO9001内部監査員養成研修 2日コース
  3月 5日(木)~ 6日(金)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃日程、残席情報など、詳しくはHPにてご確認ください
┃★┃http://jump.cx/GhkOf
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇ 4.当社コンサルタントによるISO解説(29)

    <テーマ:ISO9001とISO/FSSC22000(6)>

   担当:柏原(主任コンサルタント)
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本コラムでは、ISO22000又はFSSC22000(食品安全マネジメントシステム)の規格解説を
中心に、ISO9001品質マネジメントシステムとの違いや特徴、及びフードチェーン関連
組織のISO9001の活用方法なども解説します。

今回は、ISO22000要求事項「7.3.2 食品安全チーム」について、解説致します。

食品安全マネジメントシステムの中心活動は、何と言ってもハザード分析です。
一度やっておしまいではなく、これも継続的改善が必要です。継続的改善には、改善ネ
タが必要となりますが、ネタの情報源は、外部/内部コミュニケーション活動から得る
こととなります。最終的にそれらの情報が集まる場所が、食品安全チームです。

食品安全チームの要求事項は以下の通りです。

‐食品安全チームは,指名されること。
‐食品安全チームは,食品安全マネジメントシステムを構築し,かつ,実施する上で,
 多方面の知識と経験を合わせもつこと。このことは,組織の食品安全マネジメントシ
 ステムの適用範囲内の製品,工程,装置及び食品安全ハザードなどを含むが,これら
 に限定されない。
‐食品安全チームが,必要とされる知識及び経験をもっていることを実証する記録を維
 持すること。

この2段落目に書かれている「多方面の知識と経験を合わせもつ」要員で構成されるこ
とが重要で、具体的には「製品,工程,装置及び食品安全ハザード」に関する知識と経
験を合わせ持つことが望まれます。これはチーム要員の一人一人が持っていなければな
らない知識と経験ではなく、チーム全体として、これらの知識と経験を網羅できれば良
いわけです。また、「これらに限定されない」ともあるので、前述の製品、工程、装置
及び食品安全ハザード以外にも、
(1)法令、
(2)ヒト、
(3)カネ、
(4)流通、
なども、食品安全チームの知識と経験として重要と考えます。

これらを統括・管理する部門として、(1)法務、(2)総務・人事、(3)経理・財務、(4)営業な
どの各部門が、食品安全チームメンバーとして加わることが、尚良いと思います。

(1)法令については、法令の制定や改正は、表示などに係る重要な外部情報ですし、
(2)ヒトについては、採用段階から、食品安全の認識についてしっかり選考していかなけ
ればヒトの認識やモラルの低下がもたらす食品事件が多発することが予想されます。
(3)カネについては、経営計画に基づき設備投資がされるので、計画的に施設や設備の更新
費用を予測・予防保全していかないと、忙しい時に限って故障し、その状態で無理に生産
を続けて、最後は大事故につながります。
(4)流通については、配送段階、小売り店舗での販売、バックヤードでの保管状態など、問
題があれば、営業を通してしっかり改善指導していかないと、食卓までの安全は担保でき
ません。

安全は、食品安全チームが担いますが、品質や生産性やマーケティングなど、各分野のス
ペシャルチームが組織内にあり、各分野のリスク評価をするというのはいかがでしょうか。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃日程、残席情報など、詳しくはHPにてご確認ください
┃★┃http://jump.cx/vKgE4
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼研修についてのFAQ(よくある質問と回答)▼
 ⇒http://jump.cx/V79jK

 ▼各規格の認証取得支援!! TBCSのコンサルティングサービス!▼
 ⇒http://jump.cx/g7kWj

 ▼4名以上なら「団体割」がお得!!「早割」などのTBCSの『割引制度』▼
 ⇒http://jump.cx/3GCLZ

【配信停止】
メール配信の解除を希望される方は、ご登録いただいたアドレスから
「配信不要」を本文に記載の上、本メールアドレスにご返信ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 株式会社TBCソリューションズ 事務局
 FAQ(よくある質問と回答) http://www.tbcs.jp/qa/?mqa
 TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
 FAX 03-5259-7752
 E-mail info@tbcs.jp
 URL http://www.tbcs.jp/?m

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ