TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー












         ◆ TBCSメールマガジン 2015.12.09
このメールマガジンは、当社の研修・セミナーにご参加いただいた皆さまへお送りし
ております。配信停止は本メールの後方をご覧ください。

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ▼△ もくじ △▼
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
----------------------------------------------------------------------------

[1].メルマガ会員様限定 受講料20%OFF キャンペーン”開催中

----------------------------------------------------------------------------

[2].セミナーのご案内

----------------------------------------------------------------------------

[3].QMS/EMSの2015年改正情報(39)

   2015年版改定に備えた内部監査のすゝめ  (5) 

----------------------------------------------------------------------------

[4].2016年 1月開催の研修スケジュール

----------------------------------------------------------------------------

[5].当社コンサルタントによるISO解説(38)

  <テーマ:> ISO9001:2015を活用したFSMS(16)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇ 1.“メルマガ会員様限定 受講料20%OFF キャンペーン”開催中

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日頃の感謝の気持ちをこめてメルマガ会員様だけの特別キャンペーン。
11月23日(月)より12月31日(木)までのお申込に限り、2016年1月~3月開催
研修の受講料を20%OFFにてご受講いただけます。

通常料金 20,000円(税別)⇒メルマガ会員様特別キャンペーン料金 16,000円(税別)
●備考欄に「メルマガキャンペーン」希望の旨、ご記入ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃・20%OFF キャンペーン は受講料:20,000円(税別)の内部監査員研修と
┃ させていただきます。
┃・1社2名様までとさせていただきます。
┃・その他キャンペーン・割引制度の併用はできません。
┃・備考欄に記入がない場合、キャンペーンは適用されませんのでご注意ください。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★キャンペーン対象研修 受講料:20,000円(税別)の内部監査員研修に限り!!

 ▼お申し込みはホームページから▼
 ※お申し込み時の【備考欄】に「メルマガキャンペーン」と、ご記入ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇ 2.セミナーのご案内 ◆◇

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

TBCソリューションズでは、皆さまにお役立ていただけるよう、ISO内部監査員
養成研修以外に、以下のような各種セミナーを開催いたします。

詳細は、ホームページをご覧ください。

皆さまのご参加、講師・事務局一同、心よりお待ちしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ISO関連研修
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年1月より、ISO 9001および14001の内部監査員差分研修を開催します。
既存の内部監査員の2015年版対応にご活用ください。

<ISO 9001 内部監査員 差分研修>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★2015年版対応 内部監査チェックリスト プレゼント!!
 【東京会場】  2016年 1月28日(木) 13:30~16:30
            2月 8日(月) 13:30~16:30
 【大阪会場】  2016年 1月21日(木) 13:30~16:30
 【名古屋会場】 2016年 2月 3日(水) 13:30~16:30
 【福岡会場】  2016年 2月25日(木) 13:30~16:30
 受講料:サポーター会員 10,000円(税別) 特別料金:5,000円(税別)

 ●詳細・お申し込みはこちら


<ISO 14001 内部監査員 差分研修>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★2015年版対応 内部監査チェックリスト プレゼント!!
 【東京会場】  2016年 1月28日(木) 9:30~12:30
            2月 8日(月) 9:30~12:30
 【大阪会場】  2016年 1月21日(木) 9:30~12:30
 【名古屋会場】 2016年 2月 3日(水) 9:30~12:30
 【福岡会場】  2016年 2月25日(木) 9:30~12:30
 受講料:サポーター会員 10,000円(税別) 特別料金:5,000円(税別)

 ●詳細・お申し込みはこちら

※通常の内部監査員養成研修の2015年版は2016年4月以降の開催を予定しており
 ます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃●特別料金は、次のご受講者様に自動的に適用されます。
┃ ・2015年1月~12月に弊社のISO 9001、14001内部監査員養成研修を
┃  受講いただいたご本人様
┃ ・ISO 9001、14001改定セミナーをご受講いただいたご本人様
┃ ・同規格受講に限ります
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ISO関連セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<FSMS食品コンプライアンス セミナー>━━━━━━━━━━━━━━━━━

食品業界に対する製品の安全安心の要求は年々高まっています。
髪の毛一本混入していても、報道される時代となった今、法令違反を犯して
いたとなると、組織に対するバッシング、風評被害は多大なものとなるでしょう。
普段の仕事に潜む法令違反をまず知り、組織として対策を講じるきっかけに
本セミナーをご参加ください。

【東京会場】 12月14日(月)13:00~17:00
 受講料金:5,000円(税別)
 ●詳細・お申し込みはこちら

▼ISO 22000認証取得 事例が紹介されました。【「食品と開発」5月号】
 ●事例紹介(PDF:254KB)はこちら



<ISO 9001・14001 : 2015改定セミナー>━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年版の重点ポイントだけでなく、現行のISO 9001:2008、14001:2004との違い、
新しい要求事項への対応方法など、実務的な情報をお届けします。

<ISO 9001:2015改定セミナー>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【東京会場】   2016年 1月18日(月)13:30~16:30
                       2月15日(月)13:30~16:30
【大阪会場】   2016年 1月22日(金)13:30~16:30
【名古屋会場】  2016年 2月 4日(木)13:30~16:30
【福岡会場】   2016年 2月26日(金)13:30~16:30
 ★ISO 9001:2015解説書等の受講特典!!★

 ●詳細・お申し込みはこちら


<ISO 14001:2015改定セミナー>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【東京会場】  2016年 1月18日(月)9:30~12:30
               2016年 2月15日(月)9:30~12:30
【大阪会場】  2016年 1月22日(金)9:30~12:30
【名古屋会場】 2016年 2月 4日(木)9:30~12:30
【福岡会場】   2016年 2月26日(金)9:30~12:30
 ★ISO 14001:2015解説書等の受講特典!!★

 ●詳細・お申し込みはこちら


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★経営力強化・営業力強化関連セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<リーダーのための目標管理実践セミナー>━━━━━━━━━━━━━━━

 【東京会場】2016年 2月16日(火) 13:30~16:30
 受講料 無料(1社2名様限定)
 参加特典:コンサルティングチケット1枚プレゼント

<★参加企業様の声★>
●目標設定について改善点を考えることができた。
●疑問点を分かりやすく説明してくれたのが良かった。
 特に、言ったことが実行されない障害。
●PDCAのコツがわかった。早速、来月からやってみようと思う。

 ●詳細・お申し込みはこちら


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃内部監査員養成研修、その他セミナーなど、詳しくはHPにてご確認ください
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ◆◇ 3.QMS/EMSの2015年改正情報(39) ◆◇      2015年版改定に備えた内部監査のすゝめ (5)    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ JIS 9001:2015およびJIS Q 14001:2015の発行を受け、弊社でも2015年版対応の内部 監査員養成研修のお問合せが増えてきました。 既存の内部監査員の方を対象にした、内部監査員差分研修は、9001・14001ともに、 3時間で旧版との違いを学習できるようプログラムしております。 □2015年版 ISO 9001/14001 内部監査員 差分研修(3時間)  2016年1月より開催します。 ▼詳細はこちら▼   ●ISO 9001 内部監査員 差分研修
  ●ISO 14001 内部監査員 差分研修 前回に引き続き、内部監査を利用し2015年版に備えるための質問を紹介します。 今回は、EMSの「形骸化」または「過剰な仕組み」になっていないかを確認するため の質問例を紹介します。 (1)著しい環境側面の決定の手順は、理にかなっており、当社のEMSにとって適切か。 (2)著しい環境側面の決定後、どのような状況が生じたら再検討するか。 (3)目標設定しなくてもできることを、環境目的・環境目標に設定していないか。 (4)部門長、現場責任者はリーダーシップを発揮し、目標達成に邁進しているか。 (5)教育訓練のカリキュラムを見直し、確実に力量が身に着くよう工夫しているか。 (6)非正規社員に対しても、認識(自覚)を高めるための教育をしているか。 (7)EMS文書(手順書など)は、成果が出るように毎年見直しているか。 (8)現場作業者が記入しやすいよう、記録様式の見直しや工夫をしているか。 (9)順守評価で、順守義務のない法規制等の順守状況の評価をしていないか。 (10)是正処置と修正を分けて不適合の処置を行っているか。 (11)予防処置を開始する基準が決まっているか。 (12)内部監査時に、現場従業員を参加させているか。 (13)内部監査の事前準備では、被監査部門が自部門の適合性を確認しているか。 これらの質問の詳細は、2015年版改定セミナーでも紹介しています。 ※2015年版改定セミナーのお申込みは▼こちら▼ ●ISO 9001 改定セミナー
ISO 14001 改定セミナー ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ◆◇ 4.2016年 1月の研修スケジュール  ※募集中の研修のみ掲載 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ━━【東京会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO 9001 内部監査員 養成研修 1日コース   1月12日(火)   1月25日(月)  ■ISO 9001 内部監査員 養成研修 2日コース   1月12日(火)~13日(水)   1月25日(月)~26日(火)  ■ISO 14001 内部監査員 養成研修 1日コース   1月19日(火)  ■ISO 14001 内部監査員 養成研修 2日コース   1月19日(火)~20日(水)  ■ISO 9001 内部監査員 【差分】研修 3時間コース   1月28日(木)  ■ISO 14001 内部監査員 【差分】研修 3時間コース   1月28日(木)   ※通常の内部監査員養成研修(2015年版)は2016年4月以降の開催予定  ■ISO/IEC 27001:2013 内部監査員 養成研修   1月14日(木)~15日(金) ━━【大阪会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO 9001 内部監査員 養成研修 1日コース   1月13日(水)    ■ISO 9001 内部監査員 養成研修 2日コース   1月13日(水)~14日(木)  ■ISO 14001 内部監査員 養成研修 1日コース   1月18日(月)  ■ISO 14001 内部監査員 養成研修 2日コース   1月18日(月)~19日(火)  ■ISO 9001 内部監査員 【差分】研修 3時間コース   1月21日(木)  ■ISO 14001 内部監査員 【差分】研修 3時間コース   1月21日(木)   ※通常の内部監査員養成研修(2015年版)は2016年4月以降の開催予定 ━━【名古屋会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO 9001 内部監査員 養成研修 1日コース   1月14日(木)  ■ISO 9001 内部監査員 養成研修 2日コース   1月14日(木)~15日(金)  ■ISO 14001 内部監査員 養成研修 1日コース   1月25日(月)  ■ISO 14001 内部監査員 養成研修 2日コース   1月25日(月)~26日(火) ━━【福岡会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO 9001 内部監査員 養成研修 1日コース   1月19日(火)    ■ISO 9001 内部監査員 養成研修 2日コース   1月19日(火)~20日(水)  ■ISO 14001 内部監査員 養成研修 1日コース   1月14日(木)  ■ISO 14001 内部監査員 養成研修 2日コース   1月14日(木)~15日(金) ┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃★┃日程、残席情報など、詳しくはHPにてご確認ください ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ◆◇ 5.当社コンサルタントによるISO解説(38)   <テーマ:> ISO9001:2015を活用したFSMS(16)   担当:柏原(主任コンサルタント)  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 今回は、ISO9001:2015「6.1リスク及び機会への取り組み」について解説します。 これは旧版(2008年版)の要求事項上には無く、序文の「0.1一般」に出てきます。 序文の内容は次の通り。 ――序文0.1(一部抜粋)―――――――――――――――――――― 品質マネジメントシステムの採用は,組織の戦略上の決定によることが望ましい。 組織における品質マネジメントシステムの設計及び実施は,次の事項によって影響を受 ける。 a) 組織環境、組織環境の変化、及び組織環境に関連するリスク b) 多様なニーズ c) 固有の目標 d) 提供する製品 e) 用いるプロセス f) 規模及び組織構造 この規格は、品質マネジメントシステムの構造の画一化又は文書化の画一化を意図して いない。 ――――――――――――――――――――――――――――――― ISO9001:2015では、上記のa)b)が要求事項として追加され(4.1及び4.2に該当)、品質 マネジメントシステムの構築・運用において、これらを考慮することが求められています。 私は、内部監査員養成研修で「ISO9001はリスクマネジメントの規格です」と、以前から解 説していましたが、多くの企業では、ISO9001がリスクマネジメントの規格として捉えるこ とができていませんでした。その要因は、上記の通り「影響を受ける」と言っているだけで、 具体的な行動計画を要求するものではなかったためです。 2015年版になって、その要求が具体化されました。 それが「6.1リスク及び機会への取り組み」です。要求事項は、次の通りです。 ――6.1リスク及び機会への取り組み――――――――――――――― 6.1.1 品質マネジメントシステムの計画を策定するとき、組織は、4.1に規定する課題及び4.2に規 定する要求事項を考慮し、次の事項のために取り組む必要があるリスク及び機会を決定しな ければならない。 a)品質マネジメントシステムが、その意図した結果を達成できるという確信を与える。 b)望ましい影響を増大する。 c)望ましくない影響を防止又は低減する。 d)改善を達成する。 6.1.2 組織は、次の事項を計画しなければならない。 a)上記によって決定したリスク及び機会への取組み b)次の事項を行う方法 1)その取組みの品質マネジメントシステムプロセスへの統合及び実施(4.4参照) 2)その取組みの有効性の評価 リスク及び機会への取組みは、製品及びサービスの適合への潜在的影響と釣り合いのとれたも のでなければならない。 注記1 リスク及び機会への取組みの選択肢には、リスクの回避すること、ある機会を追求する ためにリスクを取ること、リスク源の除去すること、起こりやすさ若しくは結果を変えること、 リスクの共有すること、又は情報に基づいた意思決定によってリスクの保有することが含まれ得る。 注記2 機会は、新たな慣行の採用、新製品の発売、新たな販路の開拓、新たな依頼人への取組み、 パートナーシプの構築、新たな技術の使用、及び組織のニーズ又は顧客のニーズに取り組むための その他の望ましく、かつ、実行可能な可能性につながり得る。 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 簡単にまとめると、 6.1.1が、「リスクと機会の決定」で、 6.1.2が、「リスク・機会への対応計画の策定」と「対応計画の品質マネジメントシステムへの統合 方法と有効性評価の方法の策定」です。 まず、6.1.1ですが、要求事項に書いてある通り、4.1及び4.2を考慮してリスクと機会を決定しなけ ればならないので、4.1で決定した課題と、4.2で明確にした要求事項から、組織として対処すべき リスク(好ましくない要因又は状態)と機会(好ましい要因又は状態)を決定します。 多くの会社は、顧客、消費者、親会社や株主などを利害関係者とするかもしれません、対処すべきリ スクと機会の考慮事例としては、 (1)日本経済の景気停滞、人口減少、円安ドル高、円高ユーロ安 (2)世界、特にアジア圏の景気上昇、人口増加、人民元切り下げ (3)原材料価格の上昇、輸送費の上昇 (4)製品表示の変更に伴う法令違反 (5)工場、インフラ設備、生産機械等の更新 (6)気候変動に伴う洪水、台風、豪雪、高温、乾燥、津波 (7)情報漏えい、不正アクセスによるシステム障害、情報の損失 (8)停電、地震、火災、原子力発電所事故、戦争、テロ、破壊行為、感染症 などが挙げられ、これらキーワードから、自社に関係するリスク及び機会が決まります。 上記項目すべてがリスクのように感じますが、リスクの裏には機会があります。表裏一体と考え、リスク は機会に、機会はリスクにならないように取り組む必要があります。 次に、決定したリスクと機会に対する取り組みを計画します。主担当となる部署も決めます。この時、取 り組みの方向性・選択肢としては、 (1)リスクを回避して、やらない。 (2)リスク源を除去し、リスクの発生を抑える。 (3)リスクの起こり易さ(発生の可能性)と結果(重大性)を何らかの方法で変化(低減)させる。 (4)リスクを他社や委託先と共有し、分散する。 (5)リスクが発生しても耐え得る場合、経営判断でリスクを保有する。 (6)機会はビジネスチャンスなので、積極的に取り組み、活かす。例えば、新採用、新商品開発・販売、販路  開拓、新規顧客獲得、パートナーシップ構築(業務提携)、新技術開発などです。 最後に、これらリスクと機会への対応について、品質マネジメントシステムとの関連を明確にします。 例えば、目標管理(6.2)、教育訓練(7.2、7.3)、コミュニケーション活動(7.4)、運用管理(8.1)などが 該当します。 食品会社であれば、ハザード分析という仕組みがあります。私はこれまでよく、プロセスアプローチによる ハザード分析をしましょうと申し上げてきました。食品安全ハザードのみの対応ではなく、経営資源やガバナ ンスに関連する高いレベルのリスクアセスメントをすることで、継続的な企業の発展が望めるはずです。 フローダイアグラムを明確にしてから取り組むハザード分析ほどは、ISO9001:2015の要求は細かくありません が、ハザード分析並みのリスクと機会への取り組みをされてもよいかもしれません。 ┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃★┃日程、残席情報など、詳しくはHPにてご確認ください ┃★┃http://jump.cx/uA9nd ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ▼研修についてのFAQ(よくある質問と回答)▼  ▼各規格の認証取得支援!! TBCSのコンサルティングサービス!▼  ▼5名以上なら「団体割」がお得!!「早割」などのTBCSの『割引制度』▼ 【配信停止】 メール配信の解除を希望される方は、ご登録いただいたアドレスから 「配信不要」を本文に記載の上、本メールアドレスにご返信ください。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  株式会社TBCソリューションズ 事務局  FAQ(よくある質問と回答) http://www.tbcs.jp/qa/?mqa  TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)  FAX 03-5259-7752  E-mail info@tbcs.jp  URL http://www.tbcs.jp/?m

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ