TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー













         ◆ TBCSメールマガジン 2016.1.15
このメールマガジンは、当社の研修・セミナーにご参加いただいた皆さまへお送りし
ております。配信停止は本メールの後方をご覧ください。

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ▼△ もくじ △▼
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

[1] 年始のごあいさつ

----------------------------------------------------------------------------

[2] セミナーのご案内

----------------------------------------------------------------------------
[3] QMS/EMSの2015年改正情報(41)

   2015年版改定に備えた内部監査のすゝめ  (7) 
----------------------------------------------------------------------------

[4] 2016年1~2月開催の研修スケジュール
       
----------------------------------------------------------------------------
[5] 当社コンサルタントによるISO解説(39)

  <テーマ:> ISO9001:2015を活用したFSMS(17)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇ 1.年始のごあいさつ ◆◇

      株式会社TBCソリューションズ 代表取締役 岡本 一昭

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大変お世話になります。代表の岡本でございます。
本年もTBCソリューションズを何卒宜しくお願い申し上げます。

仕事柄私は、企業訪問して年間500名以上の経営者様と語り合う機会を頂戴しています。

関心の高い話題の一つに、2020年東京オリンピックまでの景気動向があります。
景気など外部環境が業績に影響を及ぼす重大要因の一つではありますが、
経営者や幹部自身がまずは高い経営目標を持って事業にあたることの重要性についても
お話ししています。

例えば、年率20%での経営成長を目指せば、2020年までの5年で売上高を
倍増させることができます。
数字上の話ではありますが、達成できないと決めつけたらそれ以上の成長は
見込めないのではないでしょうか?

5年という期間は、「大きなインパクトを残すに足る有用な経営資源である」と
再認識すれば、目標達成への大きな原動力になりうると確信しています。
経営者・社員さまと目標を共有し、その実現に向けたお手伝いをすることが
弊社の使命だと考えています。

ISO支援サービスに加え、経営目標・営業目標の達成やWEBの販促効果向上など
経営成長に寄与できる新サービスをこれからも積極的にご提案してまいります。

皆様とともに成長させていただく経営を目指して、TBCソリューションズは
さらなるサービス開発と情報提供を行っていく所存です。


▼経営支援サービスWEB支援サービス



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇ 2.セミナーのご案内 ◆◇

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

TBCソリューションズでは、皆さまにお役立ていただけるよう、ISO内部監査員
養成研修以外に、以下のような各種セミナーを開催いたします。

詳細は、ホームページをご覧ください。

皆さまのご参加、講師・事務局一同、心よりお待ちしております。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ISO関連研修
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016年1月より、ISO 9001および14001の内部監査員【差分】研修を開催します。
既存の内部監査員の2015年版対応にご活用ください。

<ISO 9001 内部監査員 差分研修>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★2015年版対応 内部監査チェックリスト プレゼント!!
 【東京会場】  2016年 1月28日(木) 13:30~16:30
            2月 8日(月) 13:30~16:30
 【大阪会場】  2016年 1月21日(木) 13:30~16:30
 【名古屋会場】 2016年 2月 3日(水) 13:30~16:30
 【福岡会場】  2016年 2月25日(木) 13:30~16:30
 受講料:サポーター会員 10,000円(税別) 特別料金:5,000円(税別)

 詳細・お申し込みはこちら


<ISO 14001 内部監査員 差分研修>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★2015年版対応 内部監査チェックリスト プレゼント!!
 【東京会場】  2016年 1月28日(木) 9:30~12:30
            2月 8日(月) 9:30~12:30
 【大阪会場】  2016年 1月21日(木) 9:30~12:30
 【名古屋会場】 2016年 2月 3日(水) 9:30~12:30
 【福岡会場】  2016年 2月25日(木) 9:30~12:30
 受講料:サポーター会員 10,000円(税別) 特別料金:5,000円(税別)

 詳細・お申し込みはこちら

※通常の内部監査員養成研修の2015年版は2016年4月以降の開催を予定しており
 ます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃●特別料金は、次のご受講者様に自動的に適用されます。
┃ ・2015年1月~12月に弊社のISO 9001、14001内部監査員養成研修を
┃  受講いただいたご本人様
┃ ・ISO 9001、14001改定セミナーをご受講いただいたご本人様
┃ ・同規格受講に限ります
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ISO関連セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2015年版の重点ポイントだけでなく、現行のISO 9001:2008、14001:2004との違い、
新しい要求事項への対応方法など、実務的な情報をお届けします。

<ISO 9001:2015改定セミナー>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【東京会場】   2016年 1月18日(月)13:30~16:30
                       2月15日(月)13:30~16:30
【大阪会場】   2016年 1月22日(金)13:30~16:30
【名古屋会場】  2016年 2月 4日(木)13:30~16:30
【福岡会場】   2016年 2月26日(金)13:30~16:30
 ★ISO 9001:2015解説書等の受講特典!!★

 詳細・お申し込みはこちら


<ISO 14001:2015改定セミナー>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【東京会場】  2016年 1月18日(月)9:30~12:30
               2016年 2月15日(月)9:30~12:30
【大阪会場】  2016年 1月22日(金)9:30~12:30
【名古屋会場】 2016年 2月 4日(木)9:30~12:30
【福岡会場】   2016年 2月26日(金)9:30~12:30
 ★ISO 14001:2015解説書等の受講特典!!★

 詳細・お申し込みはこちら



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★経営力強化・営業力強化関連セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<リーダーのための目標管理実践セミナー>━━━━━━━━━━━━━━━

 【東京会場】2016年 2月16日(火) 13:30~16:30
  受講料 無料(1社2名様限定)
  参加特典:コンサルティングチケット1枚プレゼント

  <★参加企業様の声★>
  ●目標設定について改善点を考えることができた。
  ●疑問点を分かりやすく説明してくれたのが良かった。
   特に、言ったことが実行されない障害。
  ●PDCAのコツがわかった。早速、来月からやってみようと思う。

  詳細・お申し込みはこちら


<“必達”営業会議の進め方セミナー>

本セミナーでは、
□ 営業マンの重点活動内容を明確にする方法
□ 重要顧客の攻略方法を明確に指示する方法
□ 営業マンが収集するべき情報と情報分析の方法を確立し、業績をアップした事例をご紹介します!

【東京会場】 1月21日(木) 13:30~16:30
       2月17日(水) 13:30~16:30
 受講料 無料(1社2名様限定)
 詳細・お申し込みはこちら



┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃★┃内部監査員養成研修、その他セミナーなど、詳しくはHPにてご確認ください
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ◆◇ 3.QMS/EMSの2015年改正情報(41) ◆◇      2015年版改定に備えた内部監査のすゝめ (7)    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 前回に引き続き、内部監査を利用し2015年版に備えるための質問を紹介します。 ISO 14001:2015の追加要求事項・変更点を確認するための質問です。 内部監査を通じて、現状のEMSを確認し、2015年版への移行計画を策定してください。 (1)環境側面を特定する際、製品のライフサイクルを考慮しているか。(4.3.1) (2)環境側面を特定する際、それに伴う環境影響を決定しているか。(4.3.1) (3)環境側面を特定する際、有益な環境影響に関する環境側面を考慮しているか。(4.3.1) (4)環境目標にはビジネス上の機会やリスクが考慮されているか。(4.3.3) (5)実施計画に、必要な資源、達成期限、進捗確認ができる指標が明確になっているか(4.3.3) (6)EMS上の役割、責任・権限が本業と合っているか。(4.4.1) (7)順守評価を実施する人、緊急事態に対応する人の力量を明確にしているか。(4.4.2) (8)法的及びその他要求事項を順守する必要性を自覚させているか。(4.4.2) (9)内部・外部のコミュニケーションにおいて、コミュニケーションの内容、実施時期、対象者、方法を明確にしているか。(4.4.3) (10)組織内の人々がEMS活動に参加、貢献できるようなコミュニケーション手段があるか。(4.4.3) (11)法令に関する報告義務や環境情報のコミュニケーションが計画的に行われているか。(4.4.3) (12)電子媒体の文書、記録を管理するためのルールが決まっているか。(4.4.5,4.5.4) (13)そのルールは現場従業員を含めすべての関係者に周知されているか。(4.4.5,4.5.4) (14)文書・記録は、情報セキュリティの観点で保護されているか。(4.4.5,4.5.4) (15)外部委託(アウトソース)したプロセスは国内外を問わず、管理の対象としているか。(4.4.6) (16)著しい環境側面に伴う運用手順を変更した際に生じる有害な環境影響を配慮しているか。(4.4.6) (17)ライフサイクルの視点にたって、環境課題を考慮し供給者に環境上の配慮事項を要請しているか。(4.4.6) (18)緊急事態の対応手順のテストをした後、対応手順のレビューをしているか。(4.4.7) (19)環境パフォーマンスを評価するための評価基準・指標を設定しているか。(4.5.1) (20)環境パフォーマンス情報について、内部及び外部コミュニケーションを行っているか。(4.5.1) (21)順守評価をする人は、環境法令などの最新の情報を入手し理解しているか。(4.5.2) (22)EMSの有効性についても監査しているか。(4.5.5) これらの質問の詳細は、2015年版改定セミナーでも紹介しています。 ※2015年版改定セミナーのお申込みはこちら ISO 9001改定セミナー ISO 14001改定セミナー ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ◆◇ 4.2016年1~2月のISO関連 研修・セミナースケジュール ※募集中の研修のみ掲載      【 2016年1月~12月 年間スケジュール公開・お申込み受付中 】      詳しくはHPにてご確認ください ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ━━【東京会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 1日コース   1月25日(月)   2月 3日(水)   2月16日(火)  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 2日コース   1月25日(月)~26日(火)   2月 3日(水)~ 4日(木)   2月16日(火)~17日(水)  ■ISO14001:2004内部監査員養成研修 1日コース   1月19日(火)   2月23日(火)  ■ISO14001:2004内部監査員養成研修 2日コース   1月19日(火)~20日(水)   2月23日(火)~24日(水)  ■プライバシーマーク内部監査員養成研修   2月 2日(火)  ■ISO13485内部監査員養成研修   2月25日(木)~26日(金)  ■ISO/IEC 27001:2013内部監査員養成研修   2月 9日(火)~10日(水)  ■ISO/FSSC 22000内部監査員養成研修   2月18日(木)~19日(金)  ■ISO 9001:2015内部監査員 【差分】研修 3時間コース   1月28日(木)   2月 8日(月)  ■ISO 14001:2015内部監査員 【差分】研修 3時間コース   1月28日(木)   2月 8日(月)  ■ISO 9001:2015 改定セミナー 3時間コース   1月18日(月)   2月15日(月)  ■ISO 14001:2015 改定セミナー 3時間コース   1月18日(月)   2月15日(月) ━━【大阪会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 1日コース   2月 4日(木)   2月18日(木)  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 2日コース   2月 4日(木)~ 5日(金)   2月18日(木)~19日(金)  ■ISO14001:2004内部監査員養成研修 1日コース   1月18日(月)   2月 9日(火)  ■ISO14001:2004内部監査員養成研修 2日コース   1月18日(月)~19日(火)   2月 9日(火)~10日(水)  ■ISO/IEC 27001:2013内部監査員養成研修   2月 2日(火)~ 3日(水)  ■ISO/FSSC 22000内部監査員養成研修   2月 5日(木)~ 6日(金)  ■ISO 9001:2015内部監査員 【差分】研修 3時間コース   1月21日(木)  ■ISO 14001:2015内部監査員 【差分】研修 3時間コース   1月21日(木)  ■ISO 9001:2015 改定セミナー 3時間コース   1月22日(金)  ■ISO 14001:2015 改定セミナー 3時間コース   1月22日(金) ━━【名古屋会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 1日コース   2月 9日(火)  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 2日コース   2月 9日(火)~10日(水)  ■ISO14001:2004内部監査員養成研修 1日コース   1月25日(月)   2月17日(水)  ■ISO14001:2004内部監査員養成研修 2日コース   1月25日(月)~26日(火)   2月17日(水)~18日(木)  ■ISO 9001:2015内部監査員 【差分】研修 3時間コース   2月 3日(水)  ■ISO 14001:2015内部監査員 【差分】研修 3時間コース   2月 3日(水)  ■ISO 9001:2015 改定セミナー 3時間コース   2月 4日(木)  ■ISO 14001:2015 改定セミナー 3時間コース   2月 4日(木) ━━【福岡会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 1日コース   2月23日(火)    ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 2日コース   2月23日(火)~24日(水)  ■ISO 9001:2015内部監査員 【差分】研修 3時間コース   2月25日(木)  ■ISO 14001:2015内部監査員 【差分】研修 3時間コース   2月25日(木)  ■ISO 9001:2015 改定セミナー 3時間コース   2月26日(金)  ■ISO 14001:2015 改定セミナー 3時間コース   2月26日(金) ━━【札幌会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 1日コース   2月25日(木)    ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 2日コース   2月25日(木)~26日(金)  ■ISO14001:2004内部監査員養成研修 1日コース   2月23日(火)  ■ISO14001:2004内部監査員養成研修 2日コース   2月23日(火)~24日(水) ━━【仙台会場】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 1日コース   2月18日(木)    ■ISO9001:2008内部監査員養成研修 2日コース   2月18日(木)~19日(金) ┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃★┃日程、残席情報など、詳しくはHPにてご確認ください ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ◆◇ 5.当社コンサルタントによるISO解説(39)   <テーマ:> ISO9001:2015を活用したFSMS(17)   担当:柏原(主任コンサルタント)  ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 今回は、ISO9001:2015「6.2品質目標及びそれを達成するための計画策定」について 解説します。これは旧版(2008年版)の「5.4.1品質目標」に該当します。要求事項は、 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 6.2.1 組織は、品質マネジメントシステムに必要な、関連する機能、階層及びプロセスにお いて、品質目標を確立しなければならない。 品質目標は、次の事項を満たさなければならない。 a)品質方針と整合している。 b)測定可能である。 c)適用される要求事項を考慮に入れる。 d)製品及びサービスの適合、及び顧客満足の向上に関連している。 e)監視する。 f)伝達する。 g)必要に応じて、更新する。 組織は、品質目標に関する文書化した情報を維持しなければならない。 6.2.2 組織は、品質目標をどのように達成するかについて計画するとき、次の事項を決定しな ければならない。 a)実施事項 b)必要な資源 c)責任者 d)実施事項の完了時期 e)結果の評価方法 ―――――――――――――――――――――――――――――――― 旧規格の「5.4.1品質目標」では、実施計画まで要求されていませんでしたが、ほとんど の企業は上記の通りの対応をされているのではないでしょうか。規格上は変更されています が、実際のところは大丈夫でしょう。この要求事項において、確実に目標管理のPDCAを回す ことが求められます。 それでは、食品会社であれば、どのような目標にすればよいでしょうか。 当然ながら、食品安全の目標として挙げられるのが「食品事故・食中毒の発生ゼロ」があり ます。次に「法令遵守(記載内容の間違い無し)」でしょうか。食品安全として考えると、 どうしても「製品の安全」という狭い視野になってしまうので、マネジメントシステム全体、 プロセスアプローチの視点で、目標を立ててみましょう。マネジメントの目標は様々な外部・ 内部課題(4.1)や利害関係者の要求事項(4.2)によって影響を受け、その結果、様々なリ スクと機会があるので、目標管理すべき目標だけで良いです。 目標の例として、 a)製品又は新製品  →製品事故・食中毒ゼロ、社内不良率低減、新製品開発件数、   既存製品の改善件数 b)原料,材料及びサービス  →原価低減・歩留向上、供給者・契約者の評価点数アップ c)生産システム及び装置  →生産システム改善によるコスト削減(生産性アップ)、装置や器具の   更新(ハザードの除去・低減数)、生産システム改善(制御プログラ   ムなどの更新)によるセキュリティレベルの向上 d)製造施設,装置の配置,周囲環境  →施設の維持管理(年間維持費低減)、交差汚染箇所の減少、周囲環境   整備・敷地外清掃の実施回数 e)清掃・洗浄及び殺菌・消毒プログラム  →ライン拭取り検査結果の菌数低減や残留タンパク質の低減、害虫捕獲   数の減少 f)包装,保管及び配送システム  →包装不良数削減、長期滞留品の削減、配送コスト削減、配送不良ゼロ g)要員の資格レベル及び/又は責任・権限の割当て  →資格取得、力量評価点数の向上、従業員満足度の向上 h)法令・規制要求事項  →法令遵守、保健所監査の評価点数アップ i)食品安全ハザード及び管理手段に関連する知識  →新規ハザード及び新管理手段の調査・採用数、講習会実施数、学会   発表の回数、特許出願件数、論文掲載数 j)組織が順守する,顧客,業界及びその他の要求事項  →顧客監査の評価点数アップ、所属団体への貢献度、顧客満足度調査   点数アップ k)外部の利害関係者からの引き合い  →一般消費者の見学受け入れ、フードコミュニケーション実施数(出張    授業、イベント参加など) l)製品に関連した食品安全ハザードを示す苦情  →苦情件数削減(品質と食品安全) m)食品安全に影響するその他の条件  →従業員3年定着率アップ、残量時間の削減、食品リサイクル率向上、   外部審査指摘件数削減、売上高総利益率向上、労働災害ゼロ 上記の目標は一例です。ISO/FSSC22000を認証取得されている組織の方であ れば、ピンと来たかもしれませんが、これらa)~m)の項目は、ISO22000規 格の「5.6.2内部コミュニケーション」から引用しています。 是非、このような目標を積極的に設定して、組織力をアップして下さい。 ┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃★┃日程、残席情報など、詳しくはHPにてご確認ください ┃★┃http://jump.cx/2DoIA ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ▼研修についてのFAQ(よくある質問と回答)▼  ⇒http://jump.cx/cxqNf  ▼各規格の認証取得支援!! TBCSのコンサルティングサービス!▼  ⇒http://jump.cx/0GqHX  ▼5名以上なら「団体割」がお得!!「早割」などのTBCSの『割引制度』▼  ⇒http://jump.cx/bmnfy 【配信の停止・再開はこちらから】 【マイページ(登録情報変更)はこちらから】 ※このメールはシステムより自動配信されており、返信は受付できません。 お問合せは下記フォームよりご連絡くださいますようお願いいたします。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 【研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  株式会社TBCソリューションズ 事務局  FAQ(よくある質問と回答) http://tbcs.jp/qa/?mqa  TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)  FAX 03-5259-7752  E-mail info@tbcs.jp  URL http://tbcs.jp/?m

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ