TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー

◆ TBCSメールマガジン 2017.10.10 ◆

※本メールは、研修・セミナー等に参加された方、
アンケートにご回答いただいた方などにお送りしています。
配信停止をご希望の方は、末尾のメルマガ解除フォームにてお願いいたします。

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ▼△ もくじ △▼
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
[1]オンラインLIVE(セミナーのライブ配信)をはじめます! 
----------------------------------------------------------------------------
[2]お勧めの研修・セミナー
 ・ISO/FSSC22000内部監査員養成研修2日コース(追加開催・東京)
 ・ISO9001/14001移行実務セミナー(名古屋、大阪、東京)
 ・特別セミナー 事例に学ぶ! 統合マネジメントシステムの極意!!
 ・ISO9001/14001内部監査員差分研修(札幌、新潟、横浜、さいたま、その他)
----------------------------------------------------------------------------
[3] 内部監査に関する研修(会場別) 2018年3月までの予定をUPしました!
----------------------------------------------------------------------------
[4] ISO9001:2015とISO22000/FSSC22000(35)
  テーマ ISO9001:2015を活用したFSMS
----------------------------------------------------------------------------
[5] よくあるご質問(料金、割引、講師派遣など) 
----------------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1. オンラインLIVE(セミナーのライブ配信)をはじめます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

遠方など会場に来られない方、諸事情のため会場に来られない方を対象に、リアルタ
イム中継映像で受講できるオンラインLIVEをはじめます!

オンラインLIVEの第一弾は、「FSSC22000 Version4対応セミナー(11月13日)」です。
http://www.tbcs.jp/iso/iso22000_ver4.html

オンラインLIVEの特徴は、インターネット環境が整っていれば、ご自身のPC、スマホ
等で視聴できることです。また、アーカイブ機能があるので、セミナー当日に急用が
入った場合、業務の関係で中座した場合、または、復習のため再視聴したい場合など、
時間と場所を選ばすに視聴できることです。

来年1月以降、ISO9001内部監査員差分研修、ISO14001内部監査員差分研修など逐次、
展開予定です。

オンラインLIVEの詳細はこちらをご参照ください。
http://www.tbcs.jp/qa/index.html#qa07


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2. お勧めの研修・セミナー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆ISO/FSSC22000内部監査員養成研修 2日コース

ご好評につき、11月16日(木)~17日(金)、東京会場にてISO/FSSC 22000内部監査
員養成研修を追加開催いたします。

詳細は以下のURLをご参照ください。
http://www.tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html#schedulelink-tokyo


◆◇ISO 9001:2015移行実務セミナー/ISO 14001:2015移行実務セミナー
  
これから移行準備へ取り掛かる企業様のために移行実務セミナーを開催します。
品質マニュアルまたは環境マニュアルのサンプルをプレゼントします。

東京会場 10月18日、大阪会場 10月12日

詳細は以下のURLをご参照ください。

ISO 9001:2015移行実務セミナー
http://www.tbcs.jp/iso/seminar_iso9001_revision.html
ISO 14001:2015移行実務セミナー
http://www.tbcs.jp/iso/seminar_iso14001_revision.html


◆◇特別セミナー 事例に学ぶ! 統合マネジメントシステムの極意!!

本セミナーでは、ムリなくムダなくマネジメントシステムを統合する方法を、事例を
交えて紹介いたします。
メインは、QMSとEMSの統合ですが、
QMS+ISMS及び、QMS+EMS+ISMSの統合のポイントも紹介します。
参加特典として、QMS+EMSの統合マニュアルのサンプルをプレゼントいたしま
す。 

東京会場 10月16日

詳細は以下のURLをご参照ください。
http://tbcs.jp/iso/seminar-qe-management-system.html


◆◇ISO 9001内部監査員差分研修/ISO 14001内部監査員差分研修

既存の内部監査員のバージョンアップにご利用ください。

横浜会場 10月13日、新潟会場 10月17日、
福岡会場 11月9日、札幌会場 11月10日、さいたま会場 11月21日
(東京会場、大阪会場、名古屋会場は毎月開催)

詳細は以下のURLをご参照ください。

ISO 9001内部監査員差分研修
http://www.tbcs.jp/iso/gms_sabun.html

ISO 14001内部監査員差分研修
http://www.tbcs.jp/iso/ems_sabun.html


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3. 内部監査員養成研修(会場別) 2018年3月までのスケジュールをUPしました!

  ご希望の研修・会場の専用ページよりスケジュールをご確認ください。    

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆ISO9001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
 札幌  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-sapporo
 仙台  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-sendai
 新潟  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-niigata
 東京  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-tokyo
 名古屋 http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-nagoya
 大阪  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-osaka
 福岡  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-fukuoka

◇ISO 14001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
 札幌  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-sapporo
 仙台  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-sendai
 東京  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-tokyo
 名古屋 http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-nagoya
 大阪  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-osaka
 福岡  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-fukuoka

◆ISO/FSSC22000内部監査員養成研修 2日コース
 東京  http://www.tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html#schedulelink-tokyo
 大阪  http://www.tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html#schedulelink-osaka

◇ISO27001内部監査員養成研修 2日コース
 東京  http://www.tbcs.jp/security/isms_naibu.html#schedulelink-tokyo
 大阪  http://www.tbcs.jp/security/isms_naibu.html#schedulelink-osaka

◆プライバシーマーク内部監査員養成研修 1日コース
 東京  http://www.tbcs.jp/security/p_naibu.html#schedulelink-tokyo
 大阪  http://www.tbcs.jp/security/p_naibu.html#schedulelink-osaka

◇ISO13485:2016内部監査員養成研修 2日コース
 東京  http://www.tbcs.jp/iso/gmp_iso13485.html#schedulelink-tokyo


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

4.ISO9001:2015とISO22000/FSSC22000(35)
  テーマ ISO9001:2015を活用したFSMS 
  主任コンサルタント 柏原吉晴

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今回は、ISO9001「8.5.4保存」について解説します。

「保存」についてFSMS(ISO22000/FSSC22000)では「保管」という
表現で多くの記述があります。
ISO22000では、7.2.3のf項に「製品の取り扱い(例えば保管、輸送)
の管理」という要求事項があり、保管についての
前提条件プログラムの構築が求められています。
ISO22000ではこれだけですが、当然ながら前提条件プログラムの
要求事項であるISO/TS22002規格に、多くの規定がされています。
まずは、ISO9001の要求事項を確認しましょう。

ISO9001の8.5.4の要求事項は、次の通りです。
―――――――――――――――――――――――――――
組織は、製造及びサービス提供を行う間、要求事項への適合を確実に
するために必要な程度に、アウトプットを保存しなければならない。
注記 保存に関わる考慮事項には、識別、取扱い、汚染防止、包装、
保管、伝送又は輸送、及び保護が含まれ得る。
―――――――――――――――――――――――――――
原料から最終製品までの一連の工程全てにおいて、適切な
保存が要求されています。

ISO9001の規格要求事項自体は、ボリュームはそれほどではありません。
一方、ISO/TS22002-1の規格では、保管について以下の要求があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5.7 食品、包装資材、材料及び非食用化学物質の保管
6.3 ボイラー用化学薬剤
7.3 廃棄物管理及び撤去
11.2 清掃・洗浄及び殺菌・消毒用のための薬剤及び道具
12.4 棲みか及び出現
13.2 要員の衛生の設備及び便所
13.3 社員食堂及び飲食場所の指定
13.8 人の行動
14.2 保管、識別及びトレーサビリティ
16.2 倉庫保管の要求事項
17. 製品情報及び消費者の認識
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

FSSCの方は「保管」について要求事項が多いのが良くわかります。
上記の各要求事項を簡単に説明すると、
5.7は、食品、包装資材、材料及び非食用化学物質の保管について。
6.3は、ボイラー用化学薬剤の保管について。
7.3は、廃棄物の保管について。
11.2は、清掃・洗浄及び殺菌・消毒用のための薬剤の保管について。
12.4は、保管品の有害生物からの保護について。
13.2は、便所と保管区域の位置について。
13.3は、社員の飲食物の保管について。
13.8は、保管区域での要員の行動規範とロッカー内保管の禁止について。
14.2は、手直し品の保管、識別及びトレーサビリティについて。
16.2は、倉庫保管について。
17は、製品保管についての対顧客・消費者への情報提供について。

上記のそれぞれについて、主に「汚染防止」や「保護」の視点から
規定されており、項目によっては、「識別」や「取扱い」や「包装」の
要素も要求されていると考えます。
ISO9001では「保存」の中に「保管」が含まれますが、言葉の定義を
抜きにして考えると、ISO9001にあって、FSMSで無い又は要求が明確では
ないのが「伝送又は輸送」です。

「輸送」は当然、製品輸送があります。
製品を安全に確かな品質を保ったまま輸送することは、FSMSでは、
フローダイアグラムに書かれて、ハザード分析の対象になるでしょう。
最終製品の特性としても、包装や配送方法を規定することが求められて
いるので、「輸送」について管理対象から漏れることは無いと考えます。

それでは「伝送」についてFSMSで規定されているかというと、
ほぼ規定されていません。まず製品自体を伝送することが無いです。
しかしながら、OEM生産する製品などでは、レシピや製造管理情報の
伝送(電子メール等)のやり取りはあるでしょう。
原料や中間製品と同様に、製品に関する電子データも製品の一部と考え、
保存対象にすると良いでしょう。

ISO22000は現在改訂中で、2017年7月にDIS(国際規格原案)が
承認されました。HLS(マネジメントシステムの共通要素)が採用
されており、2018年に発行されるISO22000:2018では、
「7.5.3文書化した情報の管理」で、「文書化した情報が十分に
保護されている。例えば、機密性の喪失、不適切な使用及び完全性
の喪失からの保護」という規定が想定されるので、
電子情報のセキュリティ管理が強化されると思われます。
しかしながら、現状の2005年版のISO22000では十分な規定がないため、
情報セキュリティの管理が十分とは言えない状況です。

ここは、ISO9001:2015を活用し、FSMSにおける情報セキュリティ管理
を強化するきっかけにしてはいかがでしょうか。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

5. よくあるご質問(料金、割引、講師派遣など) 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━ 【人気のあるFAQ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.派遣研修をお願いしたいのですが
  http://www.tbcs.jp/iso/haken.html

Q.ISO関連のコンサルティングの実施内容を知りたい
  http://www.tbcs.jp/consult/index.html

Q.研修の年間スケジュールを知りたい
  http://tbcs.jp/pdf/schedule.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼研修についてのFAQ(よくある質問と回答)▼
 http://www.tbcs.jp/qa/

▼「早割」などのTBCSの『割引制度』▼
 http://www.tbcs.jp/iso/price.html


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【配信の停止・再開はこちらから】
 https://a04.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=793&f=2&g=1&c=26102&code=88b187013b76d2e0bf3efe81257de626

【マイページ(登録情報変更)はこちらから】
 https://a04.hm-f.jp/index.php?action=E1&a=793&m=1&g=1&c=26102&code=88b187013b76d2e0bf3efe81257de626

※このメールはシステムより自動配信されており、返信は受付できません。
お問合せは下記お問合せ先よりご連絡くださいますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 株式会社TBCソリューションズ 事務局
 TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
 FAX 03-5259-7752
 URL http://tbcs.jp/

─TBCソリューションズ GROUP ────────────────────────
 システム構築と人材育成を通じて
 ワクワク企業(visionary company)創りを支援します!
────────────────────────────────────── 

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ