メルマガコラム - 2015年版改定に伴う社内勉強会のポイント - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

2015年版改定に伴う社内勉強会のポイント

PDCAのA

今回は、PDCAのAについて説明をします。

PDCAのAは、日本語では「改善」と表現されていますが、原文は英語のActです。


詳しくはこちら

PDCAのC

今回は、PDCAのCについて説明をします。

従来のISOでは、「監視・測定」という表現でしたが、2015年版からはこれに「評価」
が加わります。「評価」の意味について考えてみます。


詳しくはこちら

PDCAのD(後半)

前回は、PDCAのD(前半)を解説しました。

今回は、D(後半)ということで、7.5文書化した情報の力量の説明をします。


詳しくはこちら

PDCAのD(前半)

前回は、PDCAのPの解説をしました。

今回は、Dの前半ということで、7.2の力量の説明をします。


詳しくはこちら

PDCAのP(後半)

前回は、マネジメントシステムの特徴であるPDCAのPに関連し、前半部分として
4章の考え方を解説しました。

今回は、Pの後半ということで、5章と6章を解説します。


詳しくはこちら

PDCAのP(前半)

前回は、「マネジメントシステムとは、PDCAを回すことによって、目的(目標または成果)を
達成する仕組みです」という解説をしました。

 

PDCAは、ご承知のとおりPlan(計画)-Do(実行)-Check(評価)-Act(改善)の頭文字です。
余談ですが、AをAcitonと名詞で表記する場合もある様ですが、全て動詞で統一するのが正しいようです。

 

PDCAは新しい概念ではありません。


詳しくはこちら

マネジメントシステムとは?

本コラムでは、2015年版の社内勉強会を行うさいのポイントについてお知らせします。
今後のご参考にしてください。


詳しくはこちら

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ