メルマガコラム - ISO 9001:2015とISO 14001:2015の要求事項の対比 - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

ISO 9001:2015とISO 14001:2015の要求事項の対比

4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解

1.「4.2利害関係者のニーズ及び期待の理解」

「4.2利害関係者のニーズ及び期待の理解」が追加された意図は、マネジメントシステムに適用される、関連する利害関係者のニーズ及び期待を「高いレベルで(戦略的に)」理解することにあります。「4.1組織及びその状況の理解」と混在しないよう、法令及びその他の要求事項への対応という観点で整理するとよいです。

 

「要求事項」と「ニーズ及び期待」はどう違うのか、という質問をいただくことがあります。
要求事項の定義は、「明示されている、通常暗黙のうちに了解されている又は義務として要求されているニーズ又は期待」です。関連する利害関係者から様々なことが要求されますが、全てのニーズ及び期待が組織の要求事項になるわけではありません。組織が対応するかの意思決定は、組織に委ねられています。

 

4.2では、関連する利害関係者のニーズや期待を幅広く把握し、マネジメントシステムの計画・運用に活用することが求められています。「関連する利害関係者」の特定は、どこからどこまで、という明確な基準はないため、最終的には経営判断になります。

 

2.ISO 9001:2015固有の要求事項
原文の“relevant”は、「関連する」と翻訳することになっていますが、JIS Q 9001では「利害関係者がそもそも関連する者であり、関連する利害関係者では意味が分かりにくい」という理由から、「密接に関連する」と翻訳されました。
JIS Q 14001では、「関連する」と訳されていますが、意味に違いはないので厳密に考える必要はありません。

 

「利害関係者及びその関連する要求事項に関する情報を監視しレビューしなければならない」が要求されています。4.1と同様に、ISOが正式に発表している2008年版との対応表をみると、マネジメントレビューと関連があることが明確になっています。
参考:ISO 9000 3.2.3では、利害関係者の例として、次の9項目を提示しています。
顧客、所有者、組織内の人々、提供者、銀行家、規制当局、組合、パートナー、社会(競争相手又は対立する圧力団体を含むこともある。)

 

3.ISO 14001:2015固有の要求事項
順守義務の観点から、「c)それらのニーズ及び期待のうち、組織の順守義務となるもの」を決定することが要求されています。特に、環境関連では、様々な立場の団体から様々な要求があることが想定されます(例:環境NPOからの極端な環境保護に関する要望)。全ての利害関係者からのニーズ及び期待に応える必要がないことを意味しています。
参考:ISO 14001 3.1.6では、利害関係者の例として、次の7項目を提示しています。
顧客、コミュニティ、供給者、規制当局、非政府組織(NGO)、投資家、従業員

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ