メルマガコラム - ISO 9001:2015とISO 14001:2015の要求事項の対比 - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

ISO 9001:2015とISO 14001:2015の要求事項の対比

4.3 ×××マネジメントシステムの適用範囲の決定

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  4.3 ×××マネジメントシステムの適用範囲の決定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

1.「4.3 ×××マネジメントシステムの適用範囲の決定」
4.3の意図は、マネジメントシステムが適用される物理的及び組織上の境界を設定することにあります。

4.1で明確にした「組織の内外の課題」、4.2で決定した「利害関係者の要求事項」を踏まえて、マネジメントシステムの適用範囲を設定します。適用範囲を決める裁量は組織に委ねられているため、全社を適用範囲とするか、特定の部門・事業所を除外するかを選ぶことができます。マネジメントシステムの目的に対して適切かつ効果的な範囲を設定することが期待されます。適用範囲は、箇条7.5「文書化した情報」の要求事項に基づいて作成し、管理します。

 

 

2.ISO 9001:2015固有の要求事項

 

(1)適用範囲の決定
適用範囲を決める際、「c)組織の製品及びサービス」を考慮することが要求されています。2015年版では、製品だけでなくサービスも対象となるため、もれがないよう気を付けてください。

 

(2)全ての要求事項の適用
恣意的な要求事項の除外を防ぐため、「適用範囲内でこの規格の要求事項が適用可能ならば、組織は、これらをすべて適用しなければならない」とあります。しかしながら、どうしても適用できる要求事項がない場合、正当な理由があれば「適用不可能」と決定することができます。正当な理由の根拠は、適用範囲における製品及びサービスの適合並びに顧客満足の向上の観点で、影響を及ぼさない場合に限ります。

 

 

3.ISO 14001:2015固有の要求事項

 

(1)適用範囲の決定
「汚染の予防」という従来の目的から、適用範囲を決定する際の条件として、c)組織の単位、機能及び物理的境界」を追加しています。また、環境側面に関連し、従来通り「d)活動、製品及びサービス」、「e)管理し影響を及ぼす組織の権限及び能力」が追加されています。

 

(2)適用範囲の情報公開
「環境マネジメントシステムの適用範囲は、文書化した情報として維持しなければならず、かつ、利害関係者がこれを入手できるようにしなければならない」とあります。情報公開は、環境方針に求められていましたが、適用範囲についても求められるようになりました。HPなどに、適用範囲を明記すれば対応は可能です。

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ