メルマガコラム - ISO 9001:2015とISO 14001:2015の要求事項の対比 - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

ISO 9001:2015とISO 14001:2015の要求事項の対比

4.4 ×××マネジメントシステム

1.「4.4 ×××マネジメントシステム」
4.4の意図は、マネジメントシステム規格に適合し、かつ、意図した成果を出すために、有効なマネジメントシステムを構築するために必要十分なプロセスの構築を求める包括的な要求事項です。共通要素では、手順に代わりプロセスという用語を一貫して使用しています。手順とは、ステップが特定された物事の進め方であり、あくまでも管理手法の一つに過ぎないためです。プロセスに統一したことによって、手順重視ではなく、業務の取組み方を5M(人、設備、材料、方法、測定)の視点で網羅的に考慮することが期待されます。
また、文書化の軽減という意味合いで、従来は「マネジメントシステムの確立、文書化、実施、維持、改善」が規定されていましたが、2015年版では、文書化が削除されました。事業プロセス(通常の業務活動)との統合を重要視しているため、過度な文書化要求は弊害となる可能性があるためです。文書化要求が軽減された分、説明責任は組織に委ねられます。

 

2.ISO 9001:2015固有の要求事項
(1)プロセスアプローチ
プロセスアプローチは、2000年版から採用されましたが、従来は、序文に記載されている程度で、具体的な対応方法については曖昧でした。2015年版では、プロセスアプローチに不可欠な要求事項を4.4のa)~e)で明確にしています。とりわけ、 a)プロセスのインプット及び期待されるアウトプット、 c)プロセスの判断基準及び方法(パフォーマンス指標を含む)は重要ですのでご留意ください。

 

(2)文書化した情報
プロセスの運用を支援するための文書、プロセスが計画通りに実施されたことを確認するための記録を要求しています。2015年版では、文書化要求は軽減されているため、組織で必要な文書を作成し維持します。記録に関する要求事項は従来から変わりません。

 

3.ISO 14001:2015固有の要求事項環境パフォーマンスの向上を含む意図した成果の達成、4.1及び4.2で得た知識を考慮し、EMSを構築することの2点が固有の要求事項です。

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ