メルマガコラム - ISO 9001:2015とISO 14001:2015の要求事項の対比 - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

ISO 9001:2015とISO 14001:2015の要求事項の対比

6.1 リスク及び機会への取組み

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  1.「6.1 リスク及び機会への取組み」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.1リスク及び機会への取り組みは、4.1、4.2.4.3を考慮して、優先順位付けをして、経営層が検討する戦略的レベルで取組みを計画することを意図しています。

 

優先順位付けをするため、「意図した結果(成果)の達成」、「望ましくない影響の防止又は低減」、「継続的な改善」に関連のものを検討します。

 

ここでいうリスクとは、「不確かさの影響」、影響とは「好ましい方向又は好ましくない方向にかい離すること」と定義されています。リスク及び機会と表現しているのは、有害な影響を与える恐れをもたらすものと、有益な影響を与える可能性のあるものを、広く示すためです。リスクと機会を特定するための具体的な方法論について、ISOは規定していません。シンプルに社内で検討会を開き、リスクと機会を決定することも可能です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  2.ISO 9001:2015固有の要求事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リスクと機会を決定する際の考慮事項として、「b)望ましい影響を増大する」、が追加されています。これは、ビジネスチャンスになり得るものを意図して特定することを示唆しているためです。

 

また、「d)改善を達成する」、では「継続的改善」という用語をあえて用いていません。これは文脈的に使い分けることが望ましいという議論があったためです。対象の改善が主目的の場合は、「改善」という用語が用いられています。一般的に、「継続的改善」といった場合は、目標を設定し改善活動に取り組む場合に用いられます。実務上の違いはないので厳密に考える必要はありません。

 

9001には、注記が充実しており、リスクへの取組みの選択肢を記載しています。これは、ISO 31000リスクマネジメントを情報源としています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  3.ISO 14001:2015固有の要求事項
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リスクと機会を決定する際の考慮事項として、「外部の環境状態が組織に影響を与える可能性を含め」が追加されています。
環境が組織から与えられる影響(河川氾濫による床上浸水など)をリスクとしてとらえることを失念しないように、という意図です。

 

また、緊急事態の特定も14001固有の要求事項です。
「環境影響を与える可能性のあるものを含め」とあるので、環境側面に関連する緊急事態だけでなく、それ以外のEMSに関する緊急事態を想定しています。環境報告書の公開データに誤りがあった場合などが想定されます。

 

ちなみに、14001では、「リスク及び機会」を「潜在的で有害な影響(脅威)及び潜在的で有益な影響(機会)」と固有の定義を設定しています。前述した通り、リスクの定義が「不確かさかの影響」で、「影響には好ましい方向又は好ましくない方向にかい離すること」とあることから分かりにくい、という議論が国際規格を開発する段階からありました。

 

リスクの定義を是とするならば、リスクにはマイナスもプラスもあるのだから、6.1のタイトルを「脅威と機会に関するリスクへの取組み」とすべきだという主張がありました。通常、リスクはマイナスの場合に使う表現だから、あえて脅威と言わなくてもよい、ということで決着がつき、9001と14001の6.1のタイトルは「リスク及び機会への取組み」となり、14001は固有の用語を設定することで落ち着きました。

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ