メルマガコラム - 2015年版改定に伴う社内勉強会のポイント - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

2015年版改定に伴う社内勉強会のポイント

マネジメントシステムとは?

本コラムでは、2015年版の社内勉強会を行う際のポイントについてお知らせします。今後のご参考にしてください。

 

手始めにする質問が、「マネジメントシステムとはなんですか?」です。規格が変わっても、マネジメントシステムの本質は変わりません。また、今回の改定は、よりマネジメントシステムの本質に近くなっているので、とても重要な質問です。

 

ISO9001や14001を認証されて10年以上経過している組織においても、「マネジメントシステムとはなんですか?」という基本的な概念が浸透してないことが経験上分かっております。この状態ですと、表現上は2015年版に変更されても、成果が出にくいのではないか、と考えます。

 

いろいろな回答が想定されますが、私は以下のように説明しています。
マネジメントシステムとは、目的(目標または成果)を達成するための合理的な仕組みです。具体的には、PDCAのマネジメントサイクルを回すことによって、目的の達成をめざします。マネジメントシステムはあくまでも「手段」であり、「目的」ではありません。したがって、マネジメントシステムは「目的」に依存します。「目的」が曖昧だと、当然、手段も曖昧になり形骸化します。

 

さらに、PDCAに着目し、「皆さんはPDCAを確実に回していますか?」という質問をします。残念ながら、「ハイ!」と自信をもって挙手いただける方はほとんどいません。PDCAの概念はご存知の方が多いのですが、具体的にどのようにPDCAを回したらよいのかをご存知でない場合が多いようです。ご存知のとおり、2015年版はマネジメントシステムの共通要素に基づいて改定されています。つまり、PDCAの具体的な手段が明示されています。2015年版を勉強するということは、マネジメントシステムの本質であるPDCAを勉強するということにつながります。単なるISOの勉強で終わることなく、マネジメント研修という位置づけで学んでいただけると、様々な気づきがあります。

 

次回は、PDCAの考え方について解説します。

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ