メルマガコラム - ISOを活かす5S - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

ISOを活かす5S

「1S」実践のコツ

5Sを実施することが品質改善のスタートとなります。


5Sの説明は聞いていても、実際に現場で言葉通りに実践は難しいと思います。
スタートとなる1S実施のコツと勘所、失敗しやすい所を紹介します。


工場の中には想像もつかないくらいに不要なものが転がっています。
それらをそぎ取って、「必要なものだけを回りに置くこと」、それが「1S整理」です。
「資材や工具、資料や伝票を捜さないこと」それが「2S 整頓」です。


そんなことくらい知ってますよ、そう言われそうです。


5Sの効果はやってみて初めてわかります。こんな成果につながりますよ、
品質が改善しますよ、と御利益(ごりやく)を説明したところで同じこと。


実はやってみて、なるほど、といえるのが5Sです。
やみくもにやってみて、初めて5Sが動き出します。

 

さあ、1S整理を始めましょう。


みんなに声をかけるのは、多分、任命されたばかりの「5S推進者」です。
さて、1S整理、を始めようと皆に声をかけると、工場長、職長が、時には
社長までが口をそろえて抵抗します。


「もったいない、まだ使える」、


「手元に置いておかないと、何かの時にすぐ使えない。」


「いつか使うから。」


これらの言葉を聞いたことはありませんか。
こんな言葉が聞こえたら、その場で1S活動を中断しましょう。即リセットです。


1Sができた、といえるためには、次の2つの条件をクリヤすることが必須です。


『1.明確な判断基準』
手元に置いておく必要がないものかどうか、その基準を明確に。
赤札を貼ってゆく、そのときに繰り返される質問はいつも一つだけです。
持ち出す対象品に貼り付ける20枚の赤ラベル。


担当者は現場の人に質問します。
「これは一ヶ月以内に使いますか? 一ヶ月以内に使う予定がありますか?」
こたえが「はい」であればそのまま。答えが「いいえ」であれば赤ラベルを貼ります。
「どうかなぁ?」の回答は、「いいえ」と見なして、これにも赤ラベルを貼ります。
延々とこの質問を繰り返します。


20枚のラベルを貼り終わるまで、淡々とひたすらこの繰り返しです。
それ以外の言葉が出ることはありません。

 

『2.短時間、15分以内に終わる』
貼り付け作業スタートから、15分以内に全部のラベルを張り終わります。
全員集合、開始スタートの合図が鳴ったら一斉にスタートして、躊躇しないで同じ質問
を繰り返します。ものの10分もあれば、手元にある赤ラベルが無くなってしまいます。
無くなったら終わり。


1S実施の勘所、コツはたった2つだけ。簡単です。


何が変わるのか、どうかわるのか、それはやってみてわかることです。

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ