メルマガコラム - ISOを活かす5S - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細    サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

ISOを活かす5S

「4S清潔」実践のコツ

「清潔」とは、いいかえれば「綺麗な状態を維持すること」です。

ここで使っている清潔という言葉は日常使っているイメージとは少し異なっています。

5Sでの清潔とは、1Sから3Sの実践、これをずっと同じように継続すること、維持
することです。

 

1Sから3Sを実践してこられていると、皆さんの工場や事務所はそこそこすっきり

していて少しだけ働きやすくなっているはずです。


ところが、・・です。

 

「清潔」、3つのSをずっと維持すること、実はこいつが一番難しい。

すっきりした綺麗な職場、工場をその状態に維持することが「清潔」の意味です。

 

「清掃の時間です。はい」、という行動の指示ではなく、「これまでにやってきたこと」

を淡々と繰り返し続けましょう」です。

 

工場長からいわれなくても、予定の、その通りに動き続けること、つまりは普段の習慣

にまで踏み込んでいる、ということだからです。

 

整理、整頓、清掃を習慣化する、定着させる、計画に従って実践する。それが清潔です。

3Sを習慣化する、これは心の問題、課題ですので、これにはいろんなみえる化の工夫

と繰り返しが大切です。何をすればいいのでしょうか。

 

(1)やることをはっきり予定、計画として見えるように掲示します

  年間予定(特に1S整理)、・月間予定、週間予定(特に清掃)、

  3メートル離れても見える文字の大きさで、実行の予定を目につくところに掲示します。
   終わったらすぐ外しましょう、次の実行予定の掲示に変更します。

 

(2)5Sチェックリストで相互チェックを実施します

  一般的に紹介されているもので十分。一番のおすすめは、予定を立てて社長や工場長に

  やってもらうことです。凝ったチェックリストはお勧めできません。他の部署との比較や、
  昨年との比較、よくなったのか、という判定ができにくいからです。

  3か月、シーズンごとがお勧めです。結果は5S掲示板に大きく掲示しましょう。

 

(3)5Sのテーマを決めてスローガン、声に出します

  またか、といわれそうです。5Sの活動もしばらくすると、新しいことが見えなくなり

  ます。これは5S推進者の役割です。他社や本を見て、スローガン(標語)を20個程

  つくっておきます。新たな活動スローガンで新しい行動の手がかりを注入します。

 

 「3S だれもやっていないところを清掃しよう」

 「2S パソコンのデスクトップを整理しよう」

 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 など

【無料】TBCSメールマガジン

「TBCソリューションズ メールマガジン【無料】」は最新の研修・セミナー情報や、コンサルタントによるISO規格の解説情報、コンサルタント コラムやお得なキャンペーン情報や割引制度などをお届けするメールサービスです。
登録したメールマガジンは、すべて【無料】でご覧いただけます。

【TBCSメールマガジン(無料)の登録】

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ