TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細 サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー 2015年版改定に伴う、社内勉強会のポイント(3)

◆ TBCSメールマガジン 2017.8.2 ◆

※本メールは、研修・セミナー等に参加された方、
アンケートにご回答いただいた方などにお送りしています。
配信停止をご希望の方は、末尾のメルマガ解除フォームにてお願いいたします。

…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ▼△ もくじ △▼
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
[1] お勧めの研修・セミナー
----------------------------------------------------------------------------
[2] 2015年版改定に伴う、社内勉強会のポイント(2)
     PDCAのP(前半)
----------------------------------------------------------------------------
[3]  内部監査に関する研修(会場別)
----------------------------------------------------------------------------
[4] よくあるご質問(料金、割引、講師派遣など) 
----------------------------------------------------------------------------

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

1. お勧めの研修・セミナー 研修の詳細・お申込みはこちら

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆◇新研修開催!プロジェクトマネジメント(PM)4回シリーズ

富士ゼロックス総合教育研究所の協力のもと、
プロジェクトマネジメントの数ある研修プログラムから厳選し、
4回シリーズで以下の研修を開催いたします。

第1回 マネージング・プロジェクト(8月31日開催)
第2回 プロジェクトマネジャーのための品質マネジメント(9月19日開催)
第3回 プロジェクトリーダーシップ&コミュニケーション(10月以降開催予定)
第4回 リスクマネジメント(11月以降開催予定)

※PDUポイントも獲得できますので、PMP資格維持にもご活用いただけます。


◆◇特別セミナー 事例に学ぶ! 統合マネジメントシステムの極意!!ムリなくムダなくマネジメントシステムを統合する方法を事例を交えて紹介します。

【参加特典】2種類の統合マニュアルのサンプルをプレゼント
(1)QMS+EMSの統合マニュアル
(2)QMS+ISMSの統合マニュアル 

 □東京会場 8月28日(月)13時30分~17時
 □受講料  10,000円(税別、サポーター割適用)


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2.2015年版改定に伴う、社内勉強会のポイント(2)
   PDCAのP(前半)
     
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

前回のメルマガでは、「マネジメントシステムとは、PDCAを回すことによって、
目的(目標または成果)を達成する仕組みです」という解説をしました。

PDCAは、ご承知のとおりPlan(計画)-Do(実行)-Check(評価)-Act(改善)の
頭文字です。余談ですが、AをAcitonと名刺で表記する場合もある様ですが、全て動詞
で統一するのが正しいようです。

PDCAは新しい概念ではありません。少し大きめの書店に行くとPDCAに関する本
は軽く10種類ぐらい目に入ります。私も時間があるときは、手を伸ばし立ち読みをしま
すが、その多くは、個人の目標を達成するためのPDCAや、営業部門の目標達成をテ
ーマにしたものが多いです。いずれも似たり寄ったりの内容で、「ほんとにこんな面倒
くさいことするの?」という内容が多いような印象を受けます。
 
ISOの共通要素で提唱するPDCAの特徴は、バラバラになりがちなマネジメントの
ピース(機能)をPDCAの枠組に当てはめていることだと思います。複数のメンバー
によって構成される組織の活動において、目標を達成するための効率的な手段として、
PDCAがあります。PDCAを概念的なものとしてとらえているだけでは実践はでき
ません。「具体的な活動として、何をすることが望ましいのか」が、共通要素に書いて
あります。

上位構造(HLS)の4章~10章は、分かっているけれど実践しにくいPDCAの活動が
整理されているものだと認識し、ご自身の実践しているPDCAと比較することで、何
が足りていて、何が足りていないかを知るヒントになります。

例えばP(計画)は、HLSの6章に該当しますが、その前段階として4章では、良い計
画を作るためには戦術的ではなく、戦略的な視点で内外の課題を整理し、計画づくりの
インプットにすることを求めています。当たり前のことではありますが、なかなか、そ
れができていない組織が多いのも現状でしょう。

内部及び外部の課題を検討するポイントは、内向きの議論をしないことです。競争相手
がいてのビジネスです。内部の課題は、自社が顧客から支持されている要因(競合他社
より優れている点)、または、自社が顧客から支持されていない要因(競合他社より劣
っている点)を検討すると良いです。また、外部の課題は、自社だけでなく競合他社も
等しく遭遇するであろうビジネスの好機や脅威をイメージすると良いです。別の見方を
すると、自社の努力で解決できるものが内部の課題、自社の努力では解決できないもの
が外部の課題と分けて考えることもできます。

2015年版対応ということで、内外の課題の検討で悩んでおられる場合、このような視点
で検討いただけると整理がしやすくなるかも知れません。せっかくの機会ですからIS
Oに限定せず、内外の課題を全社単位、部門単位などで検討されてはいかがでしょうか。

次回のメルマガでは、「PDCAのP(後半)」ということで、5章と6章をまとめて解
説します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

3. ◆◇内部監査に関する研修(会場別) ◆◇  研修の詳細・お申込みはこちら

  ご希望の研修・会場の専用ページよりスケジュールをご確認ください。    

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆ISO9001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
 札幌
 仙台
 新潟
 東京
 名古屋
 大阪
 福岡

◇ISO 14001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
 札幌
 仙台
 東京
 名古屋
 大阪
 福岡

◆ISO9001内部監査員差分研修(3.5時間)
 札幌
 仙台
 新潟
 横浜
 さいたま
 東京
 名古屋
 大阪
 岡山
 福岡

◇ISO14001内部監査員差分研修(3時間)
 札幌
 仙台
 新潟
 横浜
 さいたま
 東京
 名古屋
 大阪
 岡山
 福岡

◆ISO/FSSC22000内部監査員養成研修 2日コース
 東京
 大阪

◇ISO27001内部監査員養成研修 2日コース
 東京
 大阪

◆プライバシーマーク内部監査員養成研修 1日コース
 東京
 大阪

◆ISO13485:2016内部監査員養成研修 2日コース
 東京

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

4. よくあるご質問(料金、割引、講師派遣など) 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

━━ 【人気のあるFAQ】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.ISO 9001、ISO 14001でどの研修・セミナーを受講したらよいか?

Q.派遣研修をお願いしたいのですが

Q.ISO関連のコンサルティングの実施内容を知りたい

Q.研修・セミナーのカタログはありますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼研修についてのFAQ(よくある質問と回答)▼

▼各規格の認証取得支援!! TBCSのコンサルティングサービス!▼

▼「早割」などのTBCSの『割引制度』▼

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【配信の停止・再開はこちらから】

【マイページ(登録情報変更)はこちらから】

※このメールはシステムより自動配信されており、返信は受付できません。
お問合せは下記お問合せ先よりご連絡くださいますようお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 株式会社TBCソリューションズ 事務局
 FAQ(よくある質問と回答)
 研修サポート(受講者向け サポートサイト)
 TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
 FAX 03-5259-7752
 URL http://tbcs.jp/

─TBCソリューションズ GROUP ────────────────────────
 システム構築と人材育成を通じて
 ワクワク企業(visionary company)創りを支援します!
──────────────────────────────────────

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ