TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細 サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー 新規セミナー開催のお知らせ / コラム:ISOのパフォーマンス評価方法 第10回(最終回)

 
■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛ TBCSメールマガジン
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            2018.05.10号 発行者:TBCソリューションズ

※本メールは、研修・セミナー等に参加された方、
 アンケートにご回答いただいた方などにお送りしています。
※配信停止をご希望の方は、末尾のメルマガ解除フォームにて
 お願いいたします。


◆ もくじ ◆
 ──────────────────────────────
  【1】 特別セミナーのご案内 
      『ヒューマンエラーの発生メカニズムと再発防止策』
 ------------------------------------------------------------
  【2】 会場別
      内部監査員養成研修日程
 ------------------------------------------------------------
  【3】 コラム
      ISOのパフォーマンス評価方法 第10回(最終回)
 ------------------------------------------------------------
  【4】 よくあるご質問
      料金、割引、講師派遣など
 ──────────────────────────────

 

┌─┬────────────────────────────────────────────────────
│1  特別セミナー ヒューマンエラーの発生メカニズムと再発防止策
└─┴────────────────────────────────────────────────────

 特別セミナーとして、『ヒューマンエラーの発生メカニズムと再発防止策』
 を開催いたします。


 ヒューマンエラー防止は「労働安全」や「品質問題を防ぐ」ためにも重要です。
 本セミナーでは、ヒューマンエラーについての基本知識や、ヒューマンエラー
 防止のためのリスクの洗い出しをはじめ、発生してしまった場合、どのように
 原因を掴むか、また、対策をどう考えればよいか、といった内容について演習
 を交えながらわかりやすく説明いたします。


 <詳細>
 https://www.tbcs.jp/security/human_error.html


 <日程>
 東京  7月23日(月)
    10月29日(月)


 大阪  9月28日(金)


 オンラインLIVE 7月23日(月)

┌─┬────────────────────────────────────────────────────
│2  内部監査員養成研修日程(会場別) http://www.tbcs.jp/
└─┴────────────────────────────────────────────────────

 ▽ISO9001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html

  札幌  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-sapporo
  仙台  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-sendai
  新潟  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-niigata
  東京  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-tokyo
  名古屋 http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-nagoya
  大阪  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-osaka
  福岡  http://www.tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-fukuoka


 ▼ISO14001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html

  札幌  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-sapporo
  仙台  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-sendai
  新潟  https://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-niigata
  東京  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-tokyo
  名古屋 http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-nagoya
  大阪  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-osaka
  福岡  http://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-fukuoka


 ▽ISO9001内部監査員差分研修
  https://tbcs.jp/iso/gms_sabun.html

 ▼ISO14001内部監査員差分研修
  https://tbcs.jp/iso/ems_sabun.html

 ▽ISO/FSSC22000内部監査員養成研修 2日コース
  https://tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html


 ▼ISO27001内部監査員養成研修 2日コース
  https://tbcs.jp/security/isms_naibu.html


 ▽プライバシーマーク内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/security/p_naibu.html


 ▼ISO13485:2016内部監査員養成研修 2日コース
  https://tbcs.jp/iso/gmp_iso13485.html


┌─┬────────────────────────────────────────────────────
│3  ISOのパフォーマンス評価方法
└─┴────────────────────────────────────────────────────

 -------------------------------
     テーマ:10.パフォーマンス評価監査の所見と手順
     コンサルタント 清水 正敏
 -------------------------------

 パフォーマンス評価監査の所見の事例です。


 事例状況:
 製造課では、品質方針達成のために今年度の品質目標を工程内不良率2%以下と定め
 月次管理を行うこととしています。
 目視による工程内検査の不良率を確認したところ、4月から今月までの6ヶ月間は1%台
 と目標を達成していました。
 ところが目標設定がない最終検査結果を確認したところ、最終検査での不良品数は4月
 からの6ヶ月はそれまでの6ヶ月よりも増えていました。工程内目視検査の検査員は4人、
 そのうち2人が4月に新しく任命されていましたが、最終検査で不良品数が増えていた
 ことにより、新任の再教育・訓練をするとされています。
 なお、品質方針の当年度の重要課題は「生産性の向上」です。


 以下はこの状況についてのパフォーマンス評価監査の所見の記述例です。


 事実報告:
 製造課では今年度の品質目標を、工程内不良率2%以下と定め、月次管理を行うことと
 している。目視による工程内検査における不良率を確認したところ、4月から今月まで
 の6ヶ月間は1%台と達成していた。目視検査の検査員は、4人のうち2人が4月に新しく
 任命されていた。最終検査機能を確認したところ目標設定はなく、また結果は不良品数
 がそれまでの6ヶ月よりも増えていた。これにより是正処置として新任の再教育・訓練
 をするとされている。


 監査基準:
 ISO9001:2015 6.2.1「関連する機能、階層及びプロセスにおいて品質目標を確立しなけ
 ればならない。」
 品質目標「工程内不良率2%以下」品質方針重要課題「生産性の向上」


 指摘事項:
 最終検査結果に関連するプロセスの品質目標の設定がない。
 目視による工程内検査における不良率が4月から今月までの6ヶ月間1%台と目標を達成
 しているにも関わらず、最終検査における不良品数の増加があったが、双方の相互関係
 について明らかにされていない。


 このような報告に至るためのパフォーマンス評価のための監査手順をまとめました。
  ・対象部署について文書をレビューしプロセス構成要素を解析して理解します。
  ・基本的な固有知・固有技術、及び管理技術を理解します。
  ・重点課題から問題意識を持ち質問事項リストを作成します。
  ・面談での質問は用意した質問にとどまらず、担当者の回答、調べた文書、出会った事象
   について5W1Hのどれかで脈絡のある深堀りの質問をしてじっくり実態の情報を収集します。
  ・プロセス監査で実施状況をつぶさに把握します。
  ・結果の良し悪しがどのようなアプローチの結果なのかを、トレースします。
  ・プロセスのアウトプットからその機能と能力を評価します。
  ・監査所見や監査報告書の作成では、論理的な根拠を明確にするために、誰が見てもわかり
   やすく、理解しやすく記述します。
  ・対象部署が、指摘した是正課題の真の原因の除去が出来ているかをフォローアップします。


 10回の連載を終了します。会社と職場をより良くする監査を期待します。


┌─┬────────────────────────────────────────────────────
│4  よくあるご質問(料金、割引、講師派遣など)
└─┴────────────────────────────────────────────────────

 【人気のあるFAQ】

 Q.オンラインLIVE、ライブ録画視聴とはなんですか
   https://www.tbcs.jp/qa/index.html#qa07

 Q.派遣研修をお願いしたいのですが
   http://www.tbcs.jp/iso/haken.html
 
 Q.ISO関連のコンサルティングの実施内容を知りたい
   http://www.tbcs.jp/consult/index.html

 Q.研修の年間スケジュールを知りたい
   http://tbcs.jp/pdf/schedule.pdf

 ▼研修についてのFAQ(よくある質問と回答)▼
  http://www.tbcs.jp/qa/

 ▼「早割」などのTBCSの『割引制度』▼
  http://www.tbcs.jp/iso/price.html

 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールはシステムより自動配信されており、返信は受付できません。
お問合せは下記お問合せ先よりご連絡くださいますようお願いいたします。

 

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

  研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ

vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv

 株式会社TBCソリューションズ 事務局
 TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
 FAX 03-5259-7752
 URL https://tbcs.jp/

─TBCソリューションズ GROUP ─────────────────────────
 システム構築と人材育成を通じて
 ワクワク企業(visionary company)創りを支援します!

 

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ