TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細 サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー 『中小企業が使える「採用助成金」と「採用成功事例」共有セミナー』開催のお知らせ / ISO22000:2018年版解説(1)

 
 ※本メールは、研修・セミナー等に参加された方、アンケートにご回答いただいた方などにお送りしています。
 ※配信停止をご希望の方は、末尾のメルマガ解除フォームにてお願いいたします。
 
┌┬────────────────────────────────────────────────────
├┼┐
│└┼┐  TBCSメールマガジン
│ └┼┐
└──┴┴─────────────────────────────────────────────────
                                 2018.08.21号 発行者:TBCソリューションズ

 


◆ もくじ ◆
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【1】 株式会社ライトアップ共催
      『中小企業が使える「採用助成金」と「採用成功事例」共有セミナー』開催のお知らせ
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【2】 追加開催!
      研修追加開催のご案内
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【3】 ご案内
      内部監査員養成研修日程
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【4】 コラム
      ISO22000:2018年版解説(1)
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【5】 <札幌会場>
      メルマガ登録者限定セミナーのお知らせ
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………


┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│1  中小企業が使える「採用助成金」と「採用成功事例」共有セミナー
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 この度、株式会社ライトアップと提携し、標記セミナーを共催いたします。
 「採用」に関するサービスはたくさんありますが、高価の割には成果が見えにくいところもあり、
 利用をためらうことがあると思います。

 本セミナーでは、安価な採用サービスで、実績も十分にあり、かつ、助成金の活用方法を紹介いたします。
 ぜひ、採用ご担当者様へ情報提供いただきますようお願いいたします。
 
 日 時 9月28日(金)10時30分~12時
 会 場 CTカンファレンスルーム(渋谷駅徒歩3分)
 参加費 無料
 
 セミナーの詳細・お申込は下記URLをご参照ください。
 https://www.eventbook.jp/join/4724


┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│2  研修追加開催のご案内
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 下記研修を追加開催いたします。
 ぜひご参加ください!
 
 ■ISO 9001:2015内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html
 
  <東京会場>9月20日(木)-21日(金)
 
 
 ■ISO 14001:2015内部監査員養成研修
  https://www.tbcs.jp/iso/iso14001.html
 
  <福岡会場>10月30日(火)-31日(水)
 
 
 ■ISO/FSSC 22000内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html
 
  <東京会場>10月25日(木)-26日(金)
  <大阪会場>11月 1日(木)- 2日(金)
 
 
 ■FSMS規格解説セミナー
  https://tbcs.jp/iso/fsms_explanation.html
 
  <東京会場>10月25日(木)
  <大阪会場>11月 1日(木)
  
  
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│3  内部監査員養成研修日程
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 ▼ISO 13485:2016内部監査員養成研修 2日コース
  https://tbcs.jp/iso/gmp_iso13485.html
 
 ▼プライバシーマーク内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/security/p_naibu.html
  ※JIS Q 15001:2017に対応しています。
 
 ▼ISO 9001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
   
  札幌  http://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-sapporo
  仙台  http://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-sendai
  新潟  http://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-niigata
  東京  http://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-tokyo
  名古屋 http://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-nagoya
  大阪  http://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-osaka
  福岡  http://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-fukuoka
 
 ▼ISO 14001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  
  札幌  http://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-sapporo
  仙台  http://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-sendai
  新潟  http://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-niigata
  東京  http://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-tokyo
  名古屋 http://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-nagoya
  大阪  http://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-osaka
  福岡  http://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-fukuoka
 
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│4  ISO22000:2018年版解説(1)
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
   -------------------------------
      テーマ:経営に貢献するISO22000:2018
      主任コンサルタント 柏原 吉晴
   -------------------------------
 
 今回から改訂されたISO22000:2018年版について解説します。
 まずこの改訂の背景ですが、
 ISO 9001(QMS)、ISO 14001(EMS)、ISO/IEC 27001(ISMS)、
 ISO 22000(FSMS)など、複数のISOマネジメントシステムを
 導入・運用する組織にとって、それぞれの規格の章立て、
 要求事項、用語、定義が異なることから、規格間の整合性を
 確保したり、効率よく運用したりすることは、これまで困難でした。
 
 この問題を解決するため、ISO(国際標準化機構)では
 2006年より議論を重ねてきて、2012年5月から、現行の
 ISOマネジメントシステム規格の見直し・改訂を行う際は、
 ISOマネジメントシステム規格の共通要素(HLS)を採用
 することを義務付けました。
 ISO 9001、ISO 14001、ISO/IEC 27001は、この共通要素を採用し、
 ISO/IEC 27001が2013年に、ISO 9001及びISO 14001が2015年に改訂、
 発行されました。
 
 一方、ISO 22000については、ISO 22000を担当する作業部会
 ISO/TC 34 にて、2013年11月から始まったISO 22000の改訂作業は、
 2015年10月にWD (作業原案) が承認、2017年2月にCD (委員会原案)
 が承認、2017年7月にDIS (国際規格案)が承認、そして、
 FDIS (最終国際規格案) が2月28日に発行され、8週間の期限で投票、
 賛成多数で承認、2018年6月19日に、ISO 22000:2018が発行されました。
 
 今回の改訂での大きな目玉は、「リスクベース思考」です。
 序文の「0.3.3 リスクに基づく考え方」では、
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 リスクに基づく考え方は、有効な食品安全マネジメントシステムを
 達成するために必須である。この規格では、リスクに基づく考え方は、
 0.3.2のプロセスアプローチで記述したように組織及び運用の二つの
 レベルで取り上げる。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 と書かれており、組織及び運用の二つのレベルでリスクに取り組むとし、
 
 0.3.3.2 組織のリスクマネジメント(一部抜粋)ーーーーーーーーー
 組織は、この規格の要求事項に適合するために、
 組織のリスクに対応するための取組みを計画し、実施する。
 リスクへの取組みによって、食品安全マネジメントシステムの有効性の向上、
 改善された結果の達成、及び好ましくない影響を防止するための基礎が確立する。
 
 0.3.3.3 ハザード分析‐運営のプロセス(一部抜粋)ーーーーーーー
 運用レベルでのHACCP原則に基づいたリスクに基づく考え方の概念は、
 この規格に暗黙的に示されている。
 
 上記の通り、「組織」「運用」の両面においてリスクに取り組むことを
 言及しています。
 
 もともとHACCPの仕組みが旧規格の7章にあることから、
 運用のリスクに関しては取り組まれています。
 重要なポイントは、組織のリスクに関しても取り組むことが
 求められている点です。
 食品偽装のような組織のガバナンスに関わることや、
 フードディフェンスのような意図的攻撃や、
 原材料の安定的調達リスクなど、これらに限らず、組織には
 これまでの守備範囲だった食品安全ハザード以外の多くのリスクが存在します。
 
 今回の改訂を機に、食品安全はもとより、組織の持続的成長のための礎を
 構築する良い機会にしてほしいと願います。
 
 次回から要求事項の解説に入ります。

 
 ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗■ 関連セミナーのご紹介
 ======================================================================
 ・ISO 22000:2018年版改訂セミナー
  https://tbcs.jp/iso/iso22000_revision2018.html
 
 ・ISO 22000:2018内部監査員差分研修
  https://tbcs.jp/iso/iso22000_sabun.html


┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│5  メルマガ登録者限定セミナーのご案内
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 9月20日(木) 札幌会場にて、メルマガ登録者限定セミナー
 『ISOマネジメントシステムと内部監査の基礎』を開催いたします。
 
 ↓↓↓詳細・お申込みはこちら↓↓↓
 https://tbcs.jp/iso/iso_management.html
 
 皆さまのお申込みをお待ちしております!
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※このメールはシステムより自動配信されており、返信は受付できません。
  お問い合わせは下記連絡先までお願いします。
 
 
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 
  研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ
 
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 
   株式会社TBCソリューションズ 事務局
   TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
   FAX 03-5259-7752
   URL https://tbcs.jp/


─TBCソリューションズ GROUP ────────────────
 システム構築と人材育成を通じて
 ワクワク企業(visionary company)創りを支援します!

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ