TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細 サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー 年内最終開催の各種研修・セミナー / コラム: ISO22000:2018年版解説(3)

 
┌┬────────────────────────────────────────────────────
├┼┐
│└┼┐  TBCSメールマガジン
│ └┼┐
└──┴┴─────────────────────────────────────────────────
                                 2018.10.09号 発行者:TBCソリューションズ

 

 
 
◆ もくじ ◆
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【1】 お早めにお申込みください!
      年内最終開催の各種研修・セミナー ご案内
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【2】 ご案内
      内部監査員養成研修日程
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【3】 コラム
      ISO22000:2018年版解説(3)
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│1   年内最終開催の各種研修・セミナー ご案内
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 2018年も残すところ3ヶ月となりました。
 10月、11月で年内最終開催の研修・セミナーをご案内いたします。
 残席残りわずかの研修・セミナーもございます。
 
 参加をご希望の場合は、お早めにお申込みをお願いいたします!
 
 
 ■特別セミナー ヒューマンエラーの発生メカニズムと再発防止策
  東京 10月29日
 
 ■プライバシーマーク制度移行対応セミナー
  東京 11月 2日
 
 ■ISO 22000:2018年版改訂セミナー
  東京 11月 5日
  ※オンラインLIVEも実施いたします。
 
 ■ISO 22000:2018内部監査員差分研修
  東京 11月 5日
  ※オンラインLIVEも実施いたします。
  
 ■ISO9001内部監査員差分研修
  東京 11月12日(※9:30-13:00で開催)
  大阪 11月21日
  
 ■ISO14001内部監査差分研修
  大阪 11月21日
  
 ■ISO13485内部監査員養成研修
  東京 11月19日-20日
  ※1日コース限定のオンラインLIVEも開催いたします。
  
 
 研修の詳細確認・お申込みはこちらよりお願いいたします。
 ⇒https://tbcs.jp/
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│2  内部監査員養成研修日程
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 ▼プライバシーマーク内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/security/p_naibu.html
 
 
 ▼ISO/IEC27001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/security/isms_naibu.html
 
 
 ▼ISO 9001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html
  
  10月開催の研修は、お席が残りわずかとなっている会場もございます。
  札幌  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-5
  仙台  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-6
  新潟  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-7
  東京  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-1
  名古屋 https://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-3
  大阪  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-2
  福岡  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-4
  
  
 ▼ISO 14001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html
  
  10月開催の研修は、お席が残りわずかとなっている会場もございます。
  札幌  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-5
  仙台  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-6
  新潟  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-7
  東京  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-1
  名古屋 https://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-3
  大阪  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-2
  福岡  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-4
 
  ========追加開催========
   福岡 10月30日(火)-31日(水)
  ====================
 
 
 ▼ISO/FSSC 22000内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html
 
  ========追加開催========
   東京 10月25日(木)-26日(金)
   大阪 11月 1日(木)- 2日(金)
  ====================
  
  
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│3   ISO22000:2018年版解説(3)
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
   -------------------------------
      テーマ:経営に貢献するISO22000:2018
      主任コンサルタント 柏原 吉晴
   -------------------------------
 
 前回解説した「4.1」で組織の外部及び内部の課題を明確にしました。
 今回は、4.2「利害関係者のニーズ及び期待の理解」の解説をします。
 
 4.2利害関係者のニーズ及び期待の理解
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 組織が食品安全に関して適用される法令、規制及び顧客要求事項を
 満たす製品及びサービスを一貫して提供できることを確実にするために、
 組織は、次の事項を明確にしなければならない:
 
  a) FSMSに密接に関連する利害関係者;
  b) FSMSに密接に関連する利害関係者の要求事項。
 
 組織は、利害関係者及びその要求事項に関する情報を特定し、
 レビューし、更新しなければならない。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 求められていることは、
 「利害関係者と、その要求事項を明確にすること」です。
 
 まず組織にとって重要な位置を占める利害関係者を明確にして、
 その利害関係者の満足を向上させることが、組織の継続的な発展に寄与します。
 まずはそのことを認識し、彼らの要求事項(ニーズや期待)を明確にします。
 この情報は、4.1の外部・内部の課題と同様に、毎年見直しをします。
 
 前回の外部及び内部の課題の明確化、及び今回の利害関係者の要求事項の
 明確化、どちらも組織の現状を把握し、組織の経営戦略を練るのに
 重要な示唆を与えます。
 
 ここで利害関係者を整理します。ISOの定義は、
 「ある決定事項若しくは活動に影響を与え得るか、その影響を受け得るか、
 又はその影響を受けると認識している、個人又は組織」となります。
 
 一般的に、顧客、消費者、オーナー、親会社、株主、従業員、供給者、
 銀行、組合、提携先企業、競合先、市民団体、地方公共団体、政府、
 圧力団体など様々あります。
 組織にとって「密接に関連する」と思われる利害関係者を特定すれば良いです。
 基本は顧客です。要求事項では「製品及びサービスを一貫して提供できる
 ことを確実にする」のを求めているので、自社製品及びサービスの
 売上にとって、影響ある顧客、ターゲットとしている顧客を意識すれば良いです。
 将来の顧客を意識するのも良いでしょう。
 彼らが必要としていることをマーケティングして、市場の心をつかむことです。
 マーケットニーズは常に変化しますので、適切な監視手段の構築も
 同時に望まれます。
 
 食品会社は、この改訂を機に、ハザード分析だけではない、組織の
 リスクマネジメントのツールとして、この規格を活用してほしいと願います。
 
 次回は、4.3「食品安全マネジメントシステムの適用範囲の決定」です。
 
 
 ┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┗■ 関連セミナー
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ・ISO 22000:2018年版改訂セミナー
   ・ISO 22000:2018内部監査員差分研修
   
   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※このメールはシステムより自動配信されており、返信は受付できません。
 お問い合わせは下記連絡先までお願いします。
 
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 
  研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ
 
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 
   株式会社TBCソリューションズ 事務局
   TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
   FAX 03-5259-7752
   URL https://tbcs.jp/
 
 
─TBCソリューションズ GROUP ────────────────
 システム構築と人材育成を通じて
 ワクワク企業(visionary company)創りを支援します!

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ