TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細 サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー IATF16949内部監査員養成研修・規格解説セミナー 開催いたします!

 
┌┬────────────────────────────────────────────────────
├┼┐
│└┼┐  TBCSメールマガジン
│ └┼┐
└──┴┴─────────────────────────────────────────────────
                                 2018.12.11号 発行者:TBCソリューションズ

 

 
 
◆ もくじ ◆
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【1】 IATF 16949 内部監査員養成研修・規格解説セミナー 開催のお知らせ
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【2】 年末年始休業のご案内
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【3】 内部監査員養成研修日程
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【4】 コラム:マネジメントシステムとは何か(10)
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│1  IATF 16949 内部監査員養成研修・規格解説セミナー 開催のお知らせ
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 2019年3月より、『IATF 16949 内部監査員養成研修・規格解説セミナー』を開催いたします。
 
 この研修は、IATF 16949:2016の解説と自動車産業プロセスアプローチに基づいた内部監査の進め方
 を中心に研修を進めて参ります。
 
  IATF 16949 内部監査員養成研修・規格解説セミナー
 https://tbcs.jp/iso/iatf16949.html
 
 なお、本研修は、ISO 9001:2015の規格要求事項の内容を理解されている方が前提の研修です。
ISO 9001:2015の規格要求事項の説明はいたしませんので、ご留意ください。
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│2   年末年始休業のご案内
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 平素よりTBCソリューションズをご利用頂き、誠にありがとうございます。
 年末年始期間の営業に関しまして、下記の通りご案内させて頂きます。

 ■年末年始休業日

 2018年12月29日(土)~ 2019年 1月6日(日)

 なお、ホームページまたはFAXでの研修・セミナーのお申込みは
 随時承っております。
 期間中は何かとご迷惑をお掛けすることと存じますが、
 何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│3   内部監査員養成研修日程
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 ◇◆FSMS、ISMS、Pマークの全国展開◆◇

 2019年は、これまで東京・大阪でのみ開催していた下記研修を全国展開いたします。
 ぜひ、関連組織の方々にもご紹介いただけますようお願いいたします。

 ▼ISO/FSSC 22000内部監査員養成研修の全国展開
  https://tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html

 ▼ISO/IEC 27001内部監査員養成研修、Pマーク内部監査員養成研修の全国展開
  ISMS  ⇒ https://tbcs.jp/security/isms_naibu.html
  Pマーク⇒ https://tbcs.jp/security/p_naibu.html
 

 ◇◆OH&S MS、IATF16949の新規研修の開催◆◇

 ISO 45001(労働安全MS)、IATF 16949を新たに開催いたします。
 
 ▼ISO 45001内部監査員養成研修1日コース&2日コース
  https://tbcs.jp/iso/iso45001.html

  
 ▼IATF 16949内部監査員養成研修(2019年3月開催予定)
  https://tbcs.jp/iso/iatf16949.html


 ◇◆次の研修は従来通り定期開催いたします◆◇

  ISO 9001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html
  
  ISO 14001内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html
  
  ISO 13485内部監査員養成研修 1日及び2日コース
  https://tbcs.jp/iso/gmp_iso13485.html
 
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│4  マネジメントシステムとは何か(10)
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
   -------------------------------
      テーマ: 目標とは、追求し、目指すもの
      コンサルタント 清水 正敏
   -------------------------------
 
 不良品の流出ゼロ、もしくはクレームゼロ、不良品率の低減は重要なことですが、
 これだけでは組織は発展しません。価値を創造する組織の知識を、現場に内在す
 る知を結集して生み出し、これをさらなる高みへ導き、かつリスク及び機会に取
 り組む、方針と目標の設定が求められています。
 
 2015年版7.1.6組織の知識には「変化するニーズ及び傾向に取り組む場合,組織は,
 現在の知識を考慮し,必要な追加の知識及び要求される更新情報を得る方法又は
 それらにアクセスする方法を決定しなければならない。」とあります。
 
 目標達成は方針によるマネジメントです。トップは目的と方針を決定し、また各
 部署、各階層の目標が目的及び方針に対して適切であるかを判定しなければなりません。
 
 規模や要員数、その能力を考えると、発展志向の目標の新規開発までは手が届か
 ない、新技術の開発には手がつけられない、にしても新規技術の外部からの導入
 や、営業展開による新規顧客の開発、または社内での現状技術の結合による既存
 顧客の新たなニーズの掘り起こし、などを目標にしていかないと、先細りの恐れ
 が出てきます。何らかの「新規」を枠組みにすることが、組織能力の課題からも
 重要です。
 
 ISO9000:2005の3.2.5では「品質目標(Quality Objective) 品質に関して、追
 求し、目指すもの。」としています。追求し、目指すものとは、当然現在は達成
 できていないもののことです。「追求し、目指すもの」とは、未来の到達点であ
 り、ここに規格は創造的な未来志向、発展志向を求めています。
 
 トップは活動ドメインの定義を検討し、環境の変化に応じて戦略としてそれを変
 更して、組織の目的を再定義しなくてはなりません。その目的にしたがって、製
 品または提供するサービスの意図や働きや意味も変わり、品質方針も変わります。
 方針が変われば目標の枠組みが変わるのですから、目標も変わります。マネジメ
 ントシステムはこのプロセスがあって初めて、エンジンがかかるのです。
 
 環境分析→組織認識→ドメイン(事業領域)の再定義→目的の再定義→経営目的=理念
 の再作成、これはCI=コーポレートアイデンティティ作成での、MI=マインドアイデ
 ンティティ構築のプロセスです。経営者は常におかれている環境を分析し、ドメイン
 について検討し、目的を再定義すべきかを考えていなければ、環境の変化に対して経
 営を変革させていくタイミングを逃してしまう恐れがあります。逃してしまうと大変
 な経営危機に直面する事態もありうるのですから、そうした事態を予防する措置とし
 ても環境分析、目的の再検討は重要です。
 
 2015年版4.1組織及びその状況の理解の要求「組織の目的及び戦略的な方向性に関連し,
 かつ,その品質マネジメントシステムの意図した結果を達成する組織の能力に影響を
 与える,外部及び内部の課題を明確にしなければならない。」はCI作成におけるMI構築
 のプロセスです。
 
 次回は経営戦略的PDCAについて論考します。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
※このメールはシステムより自動配信されており、返信は受付できません。
 お問い合わせは下記連絡先までお願いします。
 
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 
  研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ
 
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 
   株式会社TBCソリューションズ 事務局
   TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
   FAX 03-5259-7752
   URL https://tbcs.jp
 
 
─TBCソリューションズ GROUP ────────────────
 システム構築と人材育成を通じて
 ワクワク企業(visionary company)創りを支援します!

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ