TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細 サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー 新研修!JRCA認定ISO9001内部監査員養成研修のご案内

 
┌┬────────────────────────────────────────────────────
├┼┐
│└┼┐  TBCSメールマガジン
│ └┼┐
└──┴┴─────────────────────────────────────────────────
                                 2019.02.19号 発行者:TBCソリューションズ

 

 
 
◆ もくじ ◆
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【1】 JRCA認定(申請中)
      ISO 9001:2015内部監査員養成研修 モニター募集!
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【2】 お手持ちのPC・スマホで簡単受講
      オンラインLIVEのご案内
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【3】 申し込み受付中
      ヒューマンエラーの発生メカニズムと再発防止策 開催のお知らせ
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【4】 内部監査員養成研修日程
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【5】 コラム 
      マネジメントシステムとは何か(12)
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
 
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│1   JRCA認定(申請中)ISO 9001:2015内部監査員養成研修 モニター募集
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 本研修は、「マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)」の認定基準を
 満たすよう 開発されたカリキュラムに基づき、研修を実施いたします。
 
 第1回目となる、4月25日(木)-26日(金)の研修については、
 JRCAによる研修コース認定の審査を受けるため、 審査に合格した段階で、
 正式にJRCA認定の内部監査員養成研修と認められます。
 
 ◆ 研修詳細 https://tbcs.jp/iso/jrca_naibu.html
 ◇ 日時 4月25日(木)-26日(金)9:30~17:30
 ◇ 会場 TBCソリューションズ セミナールーム
 ◇ 特典 内部監査規定サンプル(ISO 19011:2018準拠)進呈

申請中の研修のため、JRCAによる審査・コース立会が必要となります。
 メルマガをご購読者限定で、審査・コース立会へご協力いただけるモニターを募集します。

 通常料金50,000円(税別)ですが、モニター料金20,000円(税別)にてお申込
 いただけます。お申込の際は、備考欄に「モニター希望」とご記入ください。
 
 なお、JRCA承認の内部監査員養成研修の合格者は、JRCAのマネジメントシステム内部
 監査員に登録することが可能です。二者監査においても監査員の力量評価として有効にご活
 用いただけます。
 参考URL https://www.jsa.or.jp/jrca/jrca_seido_b4/

┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│2   オンラインLIVEのご案内
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
  下記日程でオンラインLIVEを開催いたします。
  研修会場にお越しになれない方でも、お手持ちのパソコン・スマートフォンで
  研修に参加することができます。
  
  
  ■プライバシーマーク内部監査員養成研修
   https://tbcs.jp/security/p_naibu.html#schedulelink-online
   3月11日(月)
   理解度テスト合格の方へ修了証発行
  
  ■FSMS規格解説セミナー
   https://tbcs.jp/iso/fsms_explanation.html#schedulelink-online
   3月25日(月)
   70%以上の視聴で受講証明書を発行
 
 
    ※オンラインLIVEについての詳細はこちら・・・https://tbcs.jp/qa/index.html
    
    
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│3  ヒューマンエラーの発生メカニズムと再発防止策 開催のお知らせ
└─┴──────────────────────────────────────────────────

 昨年好評いただいたセミナー ≪ヒューマンエラーの発生メカニズムと再発防止策≫を
 今年も開催いたします。
 
 直近の日程は下記の通りです。
 
 東京会場 4月19日(金)
 大阪会場 3月11日(月)

 研修詳細・・・https://tbcs.jp/security/human_error.html
 
 
 お申込み受付中です!
 ぜひご参加ください。
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│4   内部監査員養成研修日程
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 
 ▽ISO/FSSC 22000内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html
  
  --------追加開催--------
  東京 2月27日-28日
  大阪 2月18日-19日
     3月 7日- 8日
  ------------------------
 
 
 ▽Pマーク内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/security/p_naibu.html
  
  ★今年から、研修会場が増えました★
  
   東京 3月11日(1日コースのみ開催)
   福岡 3月 7日- 8日
   札幌 3月25日-26日
  
  
 ▽ISO/IEC 27001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/security/isms_naibu.html
  
  
 ▽ISO 13485内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/gmp_iso13485.html
 
  --------追加開催--------
  東京 3月14日-15日
  ------------------------
  
  
 ▽IATF 16949内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iatf16949.html
 
 
 ▽ISO 45001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso45001.html
  
  
 ▽ISO 9001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html
  
  ご好評につき、残席僅少の会場もございます。
  お申込みをご検討されている方はお早めに!
  
  --------追加開催--------
  東京 2月25日
  ------------------------
  
  
 ▽ISO 14001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html
  
  --------追加開催--------
  札幌 4月18日-19日
  ------------------------
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│5  マネジメントシステムとは何か(12)
└─┴──────────────────────────────────────────────────
  
   -------------------------------
      テーマ: 目標の源流管理のナリッジ経営
      コンサルタント 清水 正敏
   -------------------------------
 
 思いを未来に反映させる事業シナリオによるマネジメントは、ナリッジ(knowledge)
 マネジメントです。事業シナリオを方針にし、方針を具体的な目標にし、これを達成
 する行動に結びつける、目的→方針→目標→達成のシステムであるマネジメントシス
 テムは、すぐれてナリッジマネジメントのシステムなのです。
 
 方針と目標は文書化が求められています。文書化とは文字通りまず言葉を用いた表現
 にすることです。ただし規格では、文字に表現されたものだけを文書とは限定してい
 ません。写真や映像、要するに意味や意図が伝えられるものは媒体を問わず、すべて
 を文書としています。
 
 意味や意図を伝える行為、それは知的行為、ナリッジの行為です。人々の知識、認識、
 理解を言葉=言語=文書によって確かなものにする活動です。方針によるマネジメント
 はこの活動をマネジメントすることで、ここではリーダーシップにおける、方針と目標
 の管理について論じたいので、「ナリッジ経営」という言い方で行きます。
 
 例えば品質方針はどのようにして創られるべきでしょうか。それは組織の品質について
 の全体的な意図及び方向付けでありますので、組織の目的や役割、さらに戦略性に適切
 でなければならない、と規格は求めています。組織の目的は組織が置かれている社会環
 境と市場環境、その組織認識によって決定され、あるいはまた変更されます。それは組
 織のトップがその環境の中で何を意図し、何を目指すのか、どんな価値を創造し社会に
 そして市場に提供しようと考えるのかによって決まるものですが、その目的を実現する
 ために適切な方針が創られ表現されなくてはなりません。
 
 この方針作成のプロセスは、トップによる知の結集と止揚です。社会環境と市場環境の
 現在および未来に関するさまざまな知識を結集し、事実に基づき、吟味し、直観を働か
 せて判断をして、自らが率いる組織の将来の目的と活動ドメインを決定する、それを言
 葉に表すと経営基本方針=経営理念=意図する結果の表明となります。その達成のため
 の組織の能力についての課題や利害関係者のニーズと期待も明らかにします。
 
 品質方針はこれに基づいて作成されるわけですが、決定した目的を活動のドメインで実
 現するには、製品の品質についてどのような意図と方向付けが適切かを判断する、やは
 り知識を結集し止揚するプロセスがあります。
 
 ISO9001:2015規格の4.1、4.2、5.2、6.1の箇条がこのプロセスに相当します。
 これらのプロセスはトップ一人または経営層で行なうことが多いと思います。しかし7つ
 の原則の「人々の参画」を考慮すると、このプロセスに幹部及び中堅の要員を参画させる
 ことは有意義で、方針によって枠組される目標の作成には幹部もしくは中堅が携わるでしょ
 うし、また参画することによる士気の高揚も効果が大きいからです。
 
 トップが主導し目標管理のリーダーシップを確立する、これが目標管理における源流管理
 のナリッジ経営です。

 マネジメントシステムとは何か、というテーマで書いてきました。
 この論考がお役に立てれば幸いです。
 
 (完)
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
※このメールはシステムより自動配信されております。
 
 
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 
  研修・セミナー・コンサルティングに関するお問合せ
 
vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
 
   株式会社TBCソリューションズ
   TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
   FAX 03-5259-7752
   Mail tbcs@tbcs.info
   URL https://tbcs.jp/
 

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ