TBCSメールマガジン バックナンバー - TBCソリューションズ

tbcソリューションズ
tbcソリューションズの実績

最大50%OFFが可能!! 割引制度割引制度詳細 サポーター会員なら受講料がお得サポーター会員詳細

TBCSメールマガジン バックナンバー ISO45001内部監査員養成研修 開催のご案内

 
 
┌┬────────────────────────────────────────────────────
├┼┐
│└┼┐  TBCSメールマガジン
│ └┼┐
└──┴┴─────────────────────────────────────────────────
                                 2020.01.14号 発行者:TBCソリューションズ
 
 
 
 
 
 
◆ もくじ ◆
…………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【1】 ISO 45001 内部監査員養成研修のご案内
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【2】 1月・2月開催の研修セミナー情報
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【3】 内部監査員養成研修日程 \ 『2020特割』キャンペーン実施中 / 
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
  【4】 コラム:ISO22000:2018年版解説(16)
 …………………………………………………………………………………………………………………………………………
 
 
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│1  ISO 45001 内部監査員養成研修のご案内
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 ISO 45001 内部監査員養成研修を下記日程にて開催いたします。
 
 大阪会場
 https://tbcs.jp/iso/iso45001.html#schedulelink-2
 1月23日(木) ※1日コースのみ開催
 
 東京会場
 https://tbcs.jp/iso/iso45001.html#schedulelink-1
 2月5日(水)-6日(木)
 
 
 会場にお越しいただけない方でも、ライブ録画視聴にて
 研修を受講することもできます。
 https://tbcs.jp/iso/iatf16949.html#schedulelink-online
 
 
 初めて労働安全衛生マネジメントシステムを学習する方は2日コース、
 OHSAS 18001内部監査員資格を保有の方は1日コースへの参加をおすすめしています。
 
 
 ISO45001の基本的なQ&A
 ⇒https://tbcs.jp/qa/iso.html#qa05
  
    
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│2  1月・2月開催の研修セミナー情報
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 〇オンラインLIVE
 
  ISO1400内部監査員養成研修
  1月27日(月)
  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html#schedulelink-online
 
  ISO9001内部監査員養成
  2月13日(木)
  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html#schedulelink-online
 
 
  オンラインLIVEお申込みの前に・・・
   ・テスト視聴サイトにて視聴可能かご確認の上、お申込みください。
    https://deliveru.jp/pretest5/ ID:livetest55  PW:livetest55
   
   ・オンラインLIVEは、当日の研修をリアルタイムで配信するため、予期せぬ事態により、
    映像及び音声のトラブルが発生する可能性がございます。ご了承ください。
 
 
 〇JRCA承認 ISO9001内部監査員養成研修
 
  昨年より開催しております、JRCA承認 ISO9001内部監査員養成研修を
  今年も下記会場・日程で開催いたします。
  東京、大阪会場に加え、名古屋会場でも開催いたします!
  
  
  東京会場:https://tbcs.jp/iso/jrca_naibu.html#schedulelink-1
  2月4日(火)-5日(水)
  5月14日(木)-15日(金)
  11月25日(水)-26日(木)
  
  大阪会場:https://tbcs.jp/iso/jrca_naibu.html#schedulelink-2
  3月5日(木)-6日(金)
  7月2日(木)-3日(金)
  11月5日(木)-6日(金)
  
  名古屋会場:https://tbcs.jp/iso/jrca_naibu.html#schedulelink-3
  2月18日(火)-19日(水)
  
  
  研修に関するQ&A
  ⇒https://tbcs.jp/qa/iso_jrca_naibu.html
  
  
 〇特別セミナー ISOマネジメントシステムと内部監査の基礎
  
  ご好評をいただいております本セミナーについて、
  引き続き申し込み受付中ですので、ご興味のある方は
  ぜひご参加ください!
  
  名古屋会場 2月17日(月)
  https://tbcs.jp/iso/iso_management.html#schedulelink-3
  
  福岡会場 2月28日(金)
  https://tbcs.jp/iso/iso_management.html#schedulelink-4
  
  
  その他の会場・日程はこちらよりご確認ください。
  ⇒https://tbcs.jp/iso/iso_management.html
  
  
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│3  内部監査員養成研修日程
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
 ■□■ 『2020特割』キャンペーン実施中!………………………………………………………………
 
  1~3月に弊社が開催する研修・セミナーを 10%OFF といたします。
  
  HPからのお申込時、備考欄に「2020特割」とご入力ください。
  (割引例) ISO 9001内部監査員養成研修2日コース
        正規料金 20,000円(税別) → 18,000円(税別)
  
  ※備考欄に入力がない場合は、適用されませんのでご注意ください。
  ※1日コース(規格解説セミナー含)/2日コース/ライブ録画視聴 いずれも適用可
 
 …………………………………………………………………………………………………………■□■
  
  
 ▽ISO/FSSC 22000内部監査員養成研修 ★FSSC Version5 対応
  https://tbcs.jp/iso/iso22000naibu.html
 
  ----------日程-------------
  東京 1月30日(木)-31日(金)
  大阪 1月28日(火)-29日(水)
  福岡 2月19日(水)-20日(木)
  札幌 1月22日(水)-23日(木)
  仙台 3月18日(水)-19日(木)
  ---------------------------
  
  
 ▽ISO 45001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso45001.html
  
  ----------日程-------------
  大阪 1月23日(木)-24日(金)
  東京 2月 5日(水)- 6日(木)
  ---------------------------
 
 
 ▽ISO/IEC 27001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/security/isms_naibu.html
  
  ----------日程-------------
  東京  1月28日(火)-29日(水)
  大阪  1月16日(木)-17日(金)
  名古屋 1月16日(木)-17日(金)
  福岡  1月23日(木)-24日(金)
  札幌  3月 5日(木)- 6日(金)
  ---------------------------
  
  
 ▽Pマーク内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/security/p_naibu.html
  
  ----------日程-------------
  東京 1月21日(火)-22日(水)
  大阪 2月27日(木)-28日(金)
  福岡 3月12日(木)-13日(金)
  札幌 1月23日(木)-24日(金)
  ---------------------------
  
  
 ▽IATF 16949内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iatf16949.html
  
  ----------日程-------------
  東京 2月27日(木)-28日(金)
  ---------------------------
  
  
 ▽ISO 13485内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/gmp_iso13485.html
  
  ----------日程-------------
  東京 3月3日(火)-4日(水)
  ---------------------------
  
  
 ▽ISO 9001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso9001.html
  
  -----オンラインLIVE-----
  2月13日開催!
  ------------------------
  
  
 ▽ISO 14001内部監査員養成研修
  https://tbcs.jp/iso/iso14001.html
   
  -----オンラインLIVE-----
  1月27日開催!
  ------------------------
  
  
┌─┬──────────────────────────────────────────────────
│4  ISO22000:2018年版解説(16)
└─┴──────────────────────────────────────────────────
 
   -------------------------------
      テーマ:経営に貢献するISO22000:2018
      株式会社フィールズコンサルティング 取締役 柏原 吉晴
   -------------------------------
  
 TBCSグループの食品会社向け専門コンサルティング組織である
 株式会社フィールズコンサルティングの柏原吉晴が担当します。
 
 今回は、「7.4コミュニケーション」を解説します。
 
 2005年版には無かった「7.4.1一般」が、2018年版になって追加されています。
 その後に続く「7.4.2外部コミュニケーション」および「7.4.3内部コミュニケーション」の
 要求事項は、基本的に変更はありません。
 7.4.1および7.4.2の要求事項は次の通りです。
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 7.4.1 一般
 組織は、 次の事項の決定を含む FSMSに関連する内部及び外部のコミュニケーションを
 決定しなければならない。
 
 a) コミュニケーションの内容;
 b) コミュニケーションの実施時期;
 c) コミュニケーションの対象者;
 d) コミュニケーションの方法;
 e) コミュニケーションを行う人。
 
 組織は、食品安全に影響を与える活動を行う全ての人が、
 効果的なコミュケーションの要求事項を理解することを確実にしなければならない。
 
 
 7.4.2 外部コミュニケーション
 組織は、十分な情報が外部に知らされ、かつ、フードチェーンの利害関係者が利用できることを
 確実にしなればならない。
 組織は、次のものとの有効なコミュニケーションを確立し、実施し、かつ、維持しなければならない;
 
 a) 外部提供者及び契約者;
 b) 次の事項に関する顧客及び/又は消費者:
  1) フードチェーン内での又は消費者による製品の安全な取扱い、陳列、保管、調理、流通
   及び使用を可能にする、食品安全に関する製品情報;
  2) フードチェーン内の他の組織による、及び/又は消費者による管理が必要な、特定された食品安全ハザード;
  3) 修正を含む、契約した取り決め、引き合い及び発注;
  4) 苦情を含む顧客及び/又は消費者のフィードバック;
 c) 法令・規制当局;
 d) FSMS の有効性又は更新に影響する、又はそれによって影響されるその他の組織。
 
 指定された者は、食品安全に関するあらゆる情報を外部に伝達するための、
 明確な責任及び権限をもたなければならない。
 該当する場合、外部とのコミュニケーションを通じて得られる情報は、
 マネジメントレビュー及びFSMS の更新へのインプットとして含めなければならない。
 外部コミュニケーションの証拠は、文書化した情報として保持しなければならない。
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 まず、7.4.1は、派遣社員など外部人材も含め、社内で働く全ての従業員に、
 食品安全上の様々な情報について、それぞれ何の情報を、いつ、誰が誰に対して、どのように、
 伝達され、且つ入手できるかを理解させることを求めています。
 
 それぞれの階層や役割で、必要とする情報は違います。
 それぞれの従業員が、聞いた・感じた・見た、製品不適合・機械の不具合・手順変更・ハザード情報など、
 これらの重要情報が、報連相されず、結果、重大なクレームや製品不適合や回収事例に発展することを防ぎましょう。
 
 自社組織のコミュニケーションについて、よく顧みて、
 コミュニケーションエラーを起因とする不適合製品や不適合プロセスが発生しているなら、
 改善の余地は十分にあるかと思います。
 
 外部コミュニケーションについては、
 ①原料・資材等の供給業者、委託契約している取引先、
 ②顧客や消費者
 ③法令規制当局(保健所、消費者庁、農政局など)
 ④その他(メディア等)
 との効果的な情報伝達・共有ができれば良いです。
 報告が必要な外部情報については、記録に残しましょう。
 
 消費者とのやり取りで、正しい情報を伝えられず重大クレームに発展したり、
 顧客とのやり取りで失注したり、機会損失を招くことがない対応が望まれます。
 
 他社や消費者の責任で対応しなければならない食品安全ハザードは、組織からの情報発信が必須です。
 例えば、アレルゲンの存在や、魚介類の寄生虫汚染や、焼き肉用の生肉の危険性などです。
 
 特に、一般消費者を相手にしている組織は、効果的な外部コミュニケーションが重要です。
 苦情対応マニュアルを作成して、対応者に教育し、力量を確実なものにしましょう。
  
 次回は、「7.4.3 内部コミュニケーション」を解説します。
 
 
 〇●株式会社フィールズコンサルティング●〇
  食品会社向けの専門コンサルティング支援をご提供いたします。
  https://food-haccp.jp/
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
※このメールはシステムより自動配信されております。
 
 
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
   
   株式会社TBCソリューションズ
   TEL 03-5259-7181(受付時間 平日 10:00~18:00)
   FAX 03-5259-7752
   Mail info-tbcs@tbcs-g.jp
   URL https://tbcs.jp/
   
≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪≪

お問い合せ先

お問い合せはこちら 03-5259-7181 電話での受付時間:平日9:00~18:00 お問い合せ

このページのトップへ